無表情でも暖かい印象を与える事が出来るようになる10のメソッド!

Pickup!


誰でも今すぐ野菜作りが始められる!市民農園のすすめ!


私が実際に稼いでいるアフィリエイトマニュアル! 


冬の電気代節約に超おすすめ!デスクパネルヒーター! 


センスが悪い人でもインテリア作りで失敗しない方法!


ずっと彼女がいない人はこれを読むべし!→ずっと彼女がいないあなたへ


無表情でも暖かい印象を与える事が出来るようになる10のメソッド!

2016-03-25_075346.png

 

  • 「怒ってるの?」
  •  

  • 「つまらなそうに見える」

 

など、何も考えていないのにこのように言われてしまうという場合は、デフォルトの表情設定が上手く出来ていない事が原因として考えられますので、きちんと自分の思い描いた表情が出来る様に設定を見直す様にした方が、周囲に誤解を与えずに済みます。

 

 

一重瞼・唇の形がへの字など、見た目の問題でどうしようもないという場合もあるかもしれませんが、不利な条件であったとしても、訓練する事によって改善させる事は可能です。

 

 

ここではそのヒントになるものを幾つか取り上げてみたいと思いますので、悩んでいる方は是非参考にしてみてくださいね!

 

 

 

無表情でも暖かい印象を与える事が出来るようになる10のメソッド

 

 

顔面体操をして、表情筋を動きやすくする

 

無表情な方は、普段から表情筋を全く使わないという傾向がありますが、豊かな表情を作るには普段から顔の筋肉を動かすというトレーニングは欠かせませんので、積極的に顔の筋肉を動かすように意識して取り組んでみましょう。

 

ストレッチと同じで、表情を大きく動かす事によって可動域が広がり、表情もバラエティー豊かになりますので、人に合う前などは顔面体操をして顔の筋肉をほぐしておくようにしましょう。

 

顔面体操は、目の運動(ぐるぐる回す・上下左右に動かす)・口を大きく開ける・顔をギュッと閉じたり開いたりするなど、顔の筋肉を使って大きく表情を変えるようにするのがポイントです。

 

 

笑顔の練習をする

 

無表情で怖い・冷たい印象を与えてしまうという場合、口角が下がっている事が原因である事が多いですので、笑顔の練習をする事によって口角が下がるのを防ぐ様に意識して行くと効果的です。

 

また、笑い顔を作る場合、口だけはで無く、きちんと笑っている目も作れる様にしておく様にしましょう。

 

目が笑って無いと、作り笑顔だとすぐに見抜かれてしまいますので、必ず顔全体を使って笑顔を作るようにしましょう。

 

 

リアクションを大きめに取る

 

リアクションが小さく目立たない方は、無表情で真面目で大人しい・静かだという印象を持たれてしまいやすいです。

 

自分では普通に反応しているつもりでも、周りから見たら静かに見えるという事は良くありますので、そういう方はリアクションをオーバーに取るようにした位が丁度良くなりますので、意識してみましょう。

 

 

 

ジェスタチャーを積極的に取り入れる

 

人に何かを伝える際には、表情だけだと上手く表現する事は出来ないと思います。

 

身振り手振りで情報を伝えるジェスチャーゲームというものがありますが、これだけでも意外と言いたい事は伝えられるものです。

 

ですので、表情が乏しい方は、積極的にジェスチャーを取り入れ事で無表情をカバーして行く様にしましょう。

 

 

話を聞く際には、うんうんと頷くだけでも相手にちゃんと聞いているという旨をアピールする事が出来ますので、相手に物事を伝える動作を研究して上手く取り入れてみましょう。

 

 

目を大きく開ける

 

無表情で良く怖いと言われる人の特徴として、一重や切れ長のつり目であるという共通点があります。

 

無表情で目を細長くすぼめてしまうと、じーっと相手に疑いの眼差しを向ける様な表情になってしまいますので、鏡で見てそのような誤解を与え兼ねない表情に見えるのであれば、反対に大きく目を開く様に工夫してみると印象はガラッと変わります。

 

目を大きく開くと明るい印象になりますし、気分も釣られて明るくなりますので、少しだけでも良いので、目を大きく開ける様に普段から意識する癖を付けておきましょう。

 

 

面白い体験を沢山する

 

表情が乏しい方は、無気力無関心だと更に無表情が悪化してしまう事になりますので、日頃から面白い事を体験して心から笑う様にしていくと、ロボットの様にならずに済みます。

 

感動の体験を沢山する様にすれば、自然と豊かな感情が生まれて来る事に繋がって行きます。

 

 

 

尊敬・感謝の気持ちを忘れない

 

人と接する時には、尊敬の念を持って接する様にすると、相手に不快な思いをさせずに済みます。

 

また、感謝の気持ちも同様に、いつも心の中に置いておく様にすれば悪い雰囲気にはなりにくくなりますので、そういう意識を持って人に接するようにしましょう。

 

 

 

客観的に自分を見る様にする

 

話しかけるなオーラが出ていると良く言われてしまうという場合、数人に言われたのであればその事は客観的事実として受け止める必要があります。

 

しかし、自分では内面は本当は違うのにと思っているのであれば、もっとそれが表面に出る様にしなければなりません。

 

 

ですので、内面と外面が同じ様になるように、多少演じる気持ちを持ってでも上手くバランスを取るようにしましょう。

 

 

また、ネガティブな思考も表情を曇らせる原因となりますので、明るい雰囲気を演出したいのであれば、楽しい事を考えるポジティブ思考に変えて行くようにしましょう。

 

 

 

相手の気持ちを考える

 

コミュニケーションの上手い人は、総じて良く笑う人が多いです。

 

恐らく無表情な人からしたら、なんでそこで笑っているんだろうと不思議に思うタイミングで笑っていたりするはずです。

 

 

どこで笑うのかというのは、その人の心の持ちよう次第ですが、人の話を聞く際には、暗い話ではない限り少し笑う位で聞く様にした方が相手も断然話しやすくなります。

 

相手が話をしている時に、自分がどういう表情をしていたらもっと話しやすくなるだろうかという事を研究して、より良い表情を選ぶようにしましょう。

 

 

 

人付き合いをめんどくさがらない

 

人付き合いを面倒だと思ってしまっている場合は、嫌々やりたくない事をやっているという事になりますので、無表情になってしまっても仕方がありません。

 

こうした場合、根本的にきちんと人と向き合う気持ちを持つようにしなければ改善する事は不可能です。

 

 

失っても良い関係なのであれば何もしなくても良いですが、関係を良好に保ちたいのであれば、気遣いをするようにして、面倒な気持ちを無くしていくようにしましょう。

 

 

また、慣れている人意外にはそっけなくしてしまうという方もいると思いますが、こういう場合は、早めにその人に慣れるように積極的に自分からコミュニケーションを取るようにして行くと良いと思います。

 

 

表情だけでは難しい場合、言葉も上手く使うようにすれば難易度は下がります。

 

「良く顔が怖いって言われますが、実は小心者なんですよ、今も内心ドキドキしてます。」など、一言フォローを入れるようにすれば、相手に誤解される事も避けられますし、そこで一気に和やかムードを生み出す事も可能です。

 

このように、自分なりに工夫して、人当たりの良くなる方法を考えてみましょう。

 

 

 

まとめ

 

  • 顔面体操をして、表情筋を動きやすくする
  •  

  • 笑顔の練習をする
  •  

  • リアクションを大きめに取る
  •  

  • ジェスタチャーを積極的に取り入れる
  •  

  • 目を大きく開ける
  •  

  • 面白い体験を沢山する
  •  

  • 尊敬・感謝の気持ちを忘れない
  •  

  • 客観的に自分を見る様にする
  •  

  • 相手の気持ちを考える
  •  

  • 人付き合いをめんどくさがらない

 

 

喜怒哀楽の表現というものは、多くの動物が持っているものですし、言葉は話せなくても悲しそう・楽しそうだという感じはなんとなく読み取る事が出来ると思います。

 

 

最近はyoutubeなどでも良く見かけますが、人間レベルで表情がハッキリ読み取れる犬や猫も沢山います。

 

 

どのような動物でも、表情のパターンは決まっていますので、無表情の状態が怒っている顔や辛い顔だったりした場合、それだけで相手に誤解を与えてしまいますので、コミュニケーションに弊害が出てしまいます。

 

 

上手く表情を表す事が出来なければ、様々なシーンで損をしてしまう事になりますので、心に思い描いた表情が上手く表現出来て、バリエーションを増やして条件反射で出せるように訓練しておくようにすると、他人との意思疎通も取りやすくなると思います。

 

 

  • 悲しい時は口をへの字にして目を細める
  •  

  • 楽しい時は口角を上げて眉も上げる
  •  

  • 怒った時は歯を食いしばって眉間に皺を寄せる
  •  

  • 感動した時は口を開けて目も見開く

 

 

など、表情の型はハッキリ決まっていて、感情と繋がっていますので、それぞれの型を、表情から感情が読み取れるようになるまで一人で鏡に向かって練習してみると良いと思います。

 

 

表情は乏しい方でも、自分の感情表現が小さいだけで感情は必ず表情と繋がっているはずです。

 

ですので、それを人前で大きく自然に出来る様に心がけて練習するようにすると、人間らしい生き生きとした表情が表現出来る様になるはずです。

 

 

取り組んで行けば必ず改善出来ると思いますので、是非参考にしてみてくださいね。


 
  

関連ページ

いじめを乗り越えるのに効果的なたった1つの方法!
ニート・引きこもりからの脱出方法!私の体験談
人に合わせる生き方と本音の自分を出す正直な生き方はどっちが良い?
一人暮らしと車購入どっちを優先した方が良い?
パソコンが重い・固まる・動かない…そんな時の対処法とは?
コンピューターの電源を切らないでくださいというトラブル解決方法!
イライラを沈めるストレス解消方法・意識改革のヒント!
覇気がないと言われる人の為の覇気を身に付ける10の方法!
飽きっぽい性格を直す!三日坊主を改善させる11の思考法!
人との接し方がわからないという悩みを解消させる6つの方法!
みんな何してる?休日の過ごし方・リフレッシュ方法!おすすめ81選!
コミュニケーション障害を治すのに効果的な方法・ヒント8選!
自分嫌いな人の為の自分を好きになる7つのメソッド!
自分を出せない人の為の素の自分を出す8つの方法!
毎日がつまらないという悩み…おもしろい人生を送る為の7つのヒント!
シリウスアップロード時に500サーバーエラーが出る場合の対処方法!
堕落生活・ニート・引きこもりからの脱却方法!ちゃんとした人間になるには?
【暗黒時代】情緒不安定だった時代を振り返って思う事!回復した方法!
自分の変な癖を指摘された時はどうすれば良い?