【暗黒時代】情緒不安定だった時代を振り返って思う事!回復した方法!

Pickup!


毎日スッキリ!便秘を解消・体質改善させる方法!7つのヒント! 


誰でも今すぐ野菜作りが始められる!市民農園のすすめ!


冬の電気代節約に超おすすめ!デスクパネルヒーター! 


センスが悪い人でもインテリア作りで失敗しない方法!


ずっと彼女がいない人におすすめな本→ずっと彼女がいないあなたへ


【暗黒時代】情緒不安定だった時代を振り返って思う事!回復した方法!

人生山あり谷ありですから、情緒不安定な時期というものは大なり小なり、人間誰しもあるものだと思います。

 

現在の私は、完全に山の状態にありますが、数年前を振り返ってみると、大きな谷に落ちていたのだなと感じる事が出来ます。

 

 

そう思えるのも、全ては回復する事が出来たからだと思います。

 

 

ここでは、その時なぜ情緒不安定状態に陥ってしまったのか、そして、なぜ回復する事が出来たのかという経緯について考えてみたいと思います。

 

 

情緒不安定な状態から回復したいと考えている方の少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 

 

なぜ情緒不安定になったのか

 

なぜ情緒不安定状態に陥ってしまったのかという一番の原因を考えると、当時の私は、友達と呼べる友達もおらず、恋人もなく、完全に独り身になってしまった事が原因にある様に思います。

 

 

その時期は、音楽で飯を食っていくぞと東京にいた時期なのですが、音楽の為なら全てをシャットアウトするという風に考えていました。

 

 

音楽で成功しなければ、自分には価値は無い・生きている意味も無いという風に思いつめていましたので、楽しみも何も求めず、ただただ音楽のことばかりを考えていました。

 

 

そうした生活を数年続けていた訳ですが、全く先が見えずにストレスばかりが溜まって行き、最終的に歌い手さんとも上手く行かず、パソコンが壊れて数年作り溜めた楽曲データが消えてしまった事で、立ち直れなくなり、音楽の道を断念する事になりました。

 

 

丁度福島原発事故があった時期ですが、音楽を辞めてしまった自分には本当に何も残っておらず、震災を東京という間近で体験した事もありただただ絶望感で一杯でした。

 

 

目的を失い空っぽになってしまいましたので、もはや東京にいる意味無しと思い、田舎に帰る事にしたのですが、今思えばあの時に帰って来て本当に良かったと思います。

 

 

 

 

 

情緒不安定状態からどうやって回復したのか

 

情緒不安定というか、対人恐怖症というか、うつ病というか、自信喪失・燃え尽き症候群というか、まぁとにかく最悪の状態にあった訳ですが、何とか精神病院などには頼らず自力で全快させる事が出来ました。

 

 

その回復方法はというと、自営業をはじめてこれだという自分の働き方を見つけ、自分に自信を持つ事が出来た事・暖かい地元の仲間に囲まれて、人生を楽しむ心の余裕が出来た事にあります。

 

 

 

この二つは同時進行で進んで行き、徐々に私の心に安らぎを与えてくれました。

 

 

 

はじめは自分に自信がなく、地元の友達に対してもいまいち心を開く事が出来ませんでした。

 

 

そうした壁のようなものも、仕事が軌道に乗るにつれ、徐々に無くなって行きました。

 

 

勿論今でもまだ完全に無くなった訳ではありませんが、もはや仕事で稼ぎが少ないという後ろめたさもありませんし、人付き合いよりも仕事を最優先させたいというような切羽詰まった感じも無くなりましたので、心は非常に穏やかです。

 

 

やはり対人関係は、自分がしっかり出来ていなければ上手くは行きません。

 

人より稼げていないなど、何らかの後ろめたさがあると、人に会いたくなくなってしまいますから、そういうものがあるのなら、全力で克服させる様にした方が良いと思います。

 

克服したら、人に会いたくなりますし、人間関係も楽しくなり、人が好きになれるようになります。

 

 

 

 

友達が0になるとどうなる?

 

東京では、会社の同僚と時々飲みに行ったりする事はありましたが、人付き合いと言えばそれくらいのものでしたので、友達は0の状態でした。

 

 

私は孤独が好きでしたから、別にそれでも寂しくありませんし、何も問題は無いのですが、やはり年がら年中一人で過ごしていると思考が偏りますし、病んでおかしな事を考えやすくなってしまいます。

 

 

 

やたら人に攻撃的になったり、人を見下したり、軽視したりという事を普通にやっていましたが、今思えば最悪だったと思います。

 

 

自分だけが大切で、音楽をやっている自分が凄くて、それ以外の人間はどうでも良くて、ザコだ位に思っていたと思います。

 

 

本当に今思えば完全に狂っています。

 

 

そんな常軌を逸した人間がまともな楽曲など書けるはずもなく、その時代に自分なりに精一杯作っていた曲もいま思えば全然良くありませんし、大した事はありません。

 

プロレベルなんて夢のまた夢です。

 

 

 

それなのに自分は凄いと勘違いしきっていたようです。

 

 

とんでもない大馬鹿ものでした。

 

 

 

周囲に人がいないからこのように暴走してしまうのだと思います。

 

 

周りに普通の良き友がいれば、会って話すだけでも普通の感覚が取り戻せると思います。

 

 

だから、良い自分の人格を保つ事が出来るんだと思います。

 

人と接する時の自分は、一人モードの自分ではないはずです。

 

 

そういう対人モードは疲れますが、人がまともでいるためには必要なものだとも思います。

 

謙虚になる事・人を敬う気持ちなどを思い出させてくれる良き存在となってくれます。

 

 

 

世間には、孤立して友達は要らないと一人で生きている方は沢山いると思いますが、やはりそういう方は、とても狭い世界で物事を考える様になって行きます。

 

意味も無く周囲を敵に回してますます孤立化を図ったりという事をやってしまうようになります。

 

 

こうした生き方は、なるだけしない様にした方が良いです。

 

 

過酷な道を自ら選ばない様にした方が人生は楽しくなります。

 

 

 

 

 

結局の所、人の笑顔が一番大切

 

ベタですが、最終的に一番大切なのは人の笑顔だと思います。

 

人は人付き合いの中でしか上手く生きて行く事は出来ませんから、それなら上手く関係を結べる様にした方が良いです。

 

 

そうなると、人と笑いあって楽しめる関係が一番良いという事になります。

 

 

 

 

実際に、友達と集まって心から笑って楽しんでという時間を過ごすと、嫌な事も忘れますし、毎日が明るく楽しくなります。

 

 

どんどん人間っていいなと思える様になりますし、人の大切さを知り、人の輪にもどんどん入って行きたくなります。

 

 

そういう気持ちがあれば、どんな場所でも上手くやっていく事が出来ますから、人生はますます楽しくなります。

 

 

人を憎んだり妬んだりという事も無くなります。

 

 

リア充ムカつくなんて思わなくて良くなります。

 

一瞬でもそう思う心があるのなら、素直になって、人に心を開ける様に必要な努力をした方が楽になります。

 

 

 

 

 

私はサッカーをしていますが、サッカーは11人揃わなければ試合が出来ません。

 

正確には9人いれば試合出来ますが、9対11ではどんなに強いチームでも数的不利で負けてしまいます。

 

 

また、フル出場は疲れますから、控えの選手も沢山いた方が良いです。

 

 

試合形式の練習をするなら、22人以上の人が必要です。

 

 

 

そして、沢山の人が集まって試合をすると、とても楽しいです。

 

コートとボールとゴールがあれば、プロががやってるものと同じ本物のサッカーが楽しめます。

 

 

 

一人ではサッカーを楽しむ事は絶対に出来ないです。

 

 

 

ここではサッカーで例えましたが、人を大切にすればする程自分の楽しめる場を確保する事が出来ます。

 

 

人1人の存在は思っている以上に大きいですから絶対にないがしろにしないようにした方が良いです。

 

ないがしろにしてしまうと、人が揃わないチームとなり、負けが続き、つまらなくなりあっという間に崩壊してしまいます。

 

 

 

人一人の笑顔を大切にすれば、連鎖してみんなが楽しくなります。

 

そうやって自分にとって居心地の良い場所が出来上がります。

 

 

 

 

おわりに

 

人生山あり谷ありの谷の時期は、人の事を考えられなくなっている時期が多いのでは無いかなと思います。

 

学生時代に友達に無視された時期も、やはり先に友達と毎日遊ぶのがめんどくさいなどと思っていた自分の心があった様に思います。

 

 

そうした私の日頃の態度があったから、最終的に無視されて友達を失うという結果に繋がってしまったのかもしれません。

 

 

 

ですから、こんな事になりたく無いのであれば、人を自分から軽視したりは絶対にしない様にする事です。

 

 

仲良くなったと思っていても、油断すると一瞬で関係が壊れてしまう事もありますので注意が必要です。

 

 

 

 

人間関係はデリケートな問題で大変ですが、だからこそ、学びや成長や楽しみを得る事が出来ます。

 

関係があれば、学びは一生得られます。

 

 

人が健全に生きて行く為には、そうした場所に身を置いて上手くやっていくのが最も理想的ですから、孤立せずに集団の中で生きて行ける自分を作って行く様にしましょう。

 

 

 

仲間と上手くやっていくコツは、漫画ワンピースなどからも学ぶ事が出来ますので、良くわからない方は、研究してみると良いと思います。

 

 

 

※関連書籍

 

 
  

関連ページ

いじめを乗り越えるのに効果的なたった1つの方法!
ニート・引きこもりからの脱出方法!私の体験談
人に合わせる生き方と本音の自分を出す正直な生き方はどっちが良い?
一人暮らしと車購入どっちを優先した方が良い?
パソコンが重い・固まる・動かない…そんな時の対処法とは?
コンピューターの電源を切らないでくださいというトラブル解決方法!
イライラを沈めるストレス解消方法・意識改革のヒント!
無表情でも暖かい印象を与える事が出来るようになる10のメソッド!
覇気がないと言われる人の為の覇気を身に付ける10の方法!
飽きっぽい性格を直す!三日坊主を改善させる11の思考法!
人との接し方がわからないという悩みを解消させる6つの方法!
みんな何してる?休日の過ごし方・リフレッシュ方法!おすすめ81選!
コミュニケーション障害を治すのに効果的な方法・ヒント8選!
自分嫌いな人の為の自分を好きになる7つのメソッド!
自分を出せない人の為の素の自分を出す8つの方法!
毎日がつまらないという悩み…おもしろい人生を送る為の7つのヒント!
シリウスアップロード時に500サーバーエラーが出る場合の対処方法!
堕落生活・ニート・引きこもりからの脱却方法!ちゃんとした人間になるには?
自分の変な癖を指摘された時はどうすれば良い?
我慢強くなる!ワガママな性格を直す5つの方法・考え方!
友達と上手く付き合えないという悩み…人付き合いを上手く行かせる5つの方法!
友達やカップルの会話が続かない悩みを克服する6つの方法・考え方!
人生が辛い・つまらなく味気ない毎日から抜け出す5つの方法・考え方のヒント!
生きる気力が湧いてこないという人が元気を取り戻す5つの方法・ヒント!