自分がわからないという悩みを解決させる方法・考え方のヒント5つ!

Pickup!


毎日スッキリ!便秘を解消・体質改善させる方法!7つのヒント! 


誰でも今すぐ野菜作りが始められる!市民農園のすすめ!


音楽理論がわからない人が直感で曲を作るのにオススメなグルーブボックス! 


センスが悪い人でもインテリア作りで失敗しない方法!


ずっと彼女がいない人におすすめな本→ずっと彼女がいないあなたへ


自分がわからないという悩みを解決させる方法・考え方のヒント5つ!

自分がわからなくて落ち込むということは、人間誰しも一度は経験したことがあると思います。

 

本当の自分は、部屋で一人でいる時の自分だということは間違いありませんが、人と接触した際には、その自分とは別の自分が出て来ますから、その時に本当の自分は一体どっちだと悩んでしまうと思います。

 

 

また、他人の目ばかりを気にしてしまい、自分を押し殺して来たことで、本当の自分の考えがわからなくなってしまうということもあると思います。

 

原因は様々ですが、人間は自分の頭を使って考えることも行動を起こすことも出来るのですから、なるべくなら自分の意思をしっかりと持って自分が納得出来る生き方をする様にした方が良いと思います。

 

 

 

自分がわからないということは、全くおかしなことではなく、多くの方が同じように考えていると思います。

 

また、そう考えた時が転機で、そこから自分らしさを作りはじめるタイミングでもあるのかなとも思います。

 

そういう風に考えると、前向きになれるはずです。

 

 

人は立ち止まれず、生きて行かなければならないのですから、悩んだとしても下を向かず、なるべく前を向いて生きて行く様にしましょう。

 

 

 

 

ここでは、そんな悩みの解決方法・ヒントについて紹介したいと思いますので、悩んでいる方は是非参考にしてみてくださいね。

 

 

 

色んな自分は全部本当の自分

 

一人でいる時の自分と、誰かと一緒にいる時の自分が大きく違っている場合は、どっちが本当の自分なんだろうと悩んでしまうかもしれませんが、これはどっちも本当の自分です。

 

素の自分は一人でいる時の自分ですが、この自分と人前での自分は大きく違っている場合もあると思います。

 

これは割と普通のことです。

 

 

理想的なのは、誰にでも素の自分で接することですが、そうは言っても人には立場がありますし、様々な状況もありますから、常に素の自分で接するというのはとても難しいと思います。

 

 

また、そうやって素の自分を出さないのを悪いことだと考えてしまうかもしれませんが、そういう風に考える必要はありません。

 

 

人や場面によって違う自分の顔が出て来るのは、その状況に最適な自分を出しているからです。

 

やりすぎると八方美人ということにもなりかねませんが、やらなければやらないで人付き合いの幅はかなり狭くなってしまいますから、普通に生活をしたいのであれば、ある程度は使い分ける必要があります。

 

 

表に出す顔が自分じゃないと感じた時には、激しい葛藤が起こるかもしれませんが、そう感じた時には、少しずつ修正して行けば良いと思います。

 

こうしたことは、誰もがやっていることです。

 

 

 

また、なるべく素の自分で付き合えそうな相手には素の自分を出して行く様にした方が、深い付き合いになれる可能性も生まれますし、自分も素が出せて楽になれると思います。

 

自分が素を出せば、相手も素を出しやすくなりますから、お互いにリラックスした良い人間関係が作りやすくなります。

 

 

 

どんな自分も全部自分だと受け入れて、否定せず、徐々に素の自分を出せる範囲を広げて行けば、多くの人と良い人間関係を築くことが出来る様になると思いますし、悩みも減っていくと思いますので、意識して取り組んでみましょう。

 

 

 

 

自分の意思を持って自分で決める

 

自分がわからなくなってしまう原因として、人任せにしてしまうということがあります。

 

例えば、過保護な親の元で全て親のいいなりになっていたのでは、自分の意思が形成されず、自分が何者かわからなくなったり、自分を見失ってしまう結果に繋がりやすくなってしまいます。

 

 

人と一緒に行動している時に、誰かに依存して全てを任せてしまうという場合も、同じく自分の意思を形成することが出来ません。

 

そうやって生きていると、自分の意見を持つことが出来ず、自分が何がしたいのか・どう思っているのかということも考えられなくなってしまいますので、そうならない為にも、自分の意思をしっかり持つ様にしましょう。

 

 

 

自分の意思をしっかり持つには、どんな些細なことでも自分で考えて選択して決定して行くことです。

 

いつでも人に聞いたり、誰かの真似をするのではなく、選べるものは自分の意思で決定して行くようにしましょう。

 

 

そうすれば、自分の意見をしっかり持つことが出来る様になりますし、精神的に自立することも出来ます。

 

 

与えられた選択肢は、「どっちでも良い」「何でも良い」「任せた」とは言わず、必ず自分の意思で選ぶ様にしましょう。

 

そうすれば自分がわからなくなることも無くなるはずですし、自分の人生を生きているという実感も持てる様になると思います。

 

 

知識の探求を続ける

 

自分がわからないのであれば自分探しをする必要があります。

 

 

自分探しというと、一体何をすれば良いのかと疑問に思ってしまうかもしれませんが、何も難しいことはありません。

 

自分のしたいことや好きなことを探して、見つけたら一生懸命取り組む様にすれば、それが結果的に自分探しに繋がって行きます。

 

 

自分探しをする人は、自分のしたいことがわからない・自分が何者なのかわからないと考えていると思いますが、それは誰にもわかりません。

 

わからないからこそ、みんな探しています。

 

 

探す為に生きていると言っても良いと思います。

 

 

 

また、自分が何がしたいのかわからないのであれば、まずは何があるのかを知る必要があります。

 

それを知るには知識が必要になります。

 

 

将来看護師になりたいという夢は、看護師という職業を知らなければ目指すことは出来ませんし、知識がなければ仕事が出来ませんし、職に就くには資格が必要だということもわかりません。

 

知って、興味を持って、体験してみてはじめて自分の適正を見つけることが出来ますので、まずはその入口となる知識を豊富に仕入れる様にしましょう。

 

 

知識を仕入れるには、本を読んだり、色んな人と話したり、テレビを見たり、ラジオを聴いたりなど、色んな所から情報を集めることです。

 

高くアンテナを張っていれば、自分の興味・関心を引くものを沢山見つけることが出来ると思いますし、実際にやってみることで自分の生き方も見つけることが出来ると思います。

 

 

情報を全く仕入れないで、今あるものだけに囲まれてただ何となく生きていたのでは、自分の才能を開花させることは出来ませんし、やりたくない仕事だけをして何も楽しみがない人生となってしまいかねませんので、そうならない様にしっかりと自分のアンテナを広い世界に向けて張って、自分の人生を有意義なものにして行くようにしましょう。

 

 

自分がしたいことをして、自分らしさを見つけてみましょう。

 

 

 

自分の心に素直になる

 

自分がわからなくなってしまう人は、自分の心に素直じゃない為にそうなってしまっている場合があります。

 

例えば、自分の心は面白くないと思っているのに面白いと笑顔を作ってみたり、苦しいのに苦しくない振りをするなんていうことを無理して続けていると、次第に本当の自分のことがわからなくなってしまいます。

 

 

日本には空気を読むという言葉や右に習えという言葉がありますが、こうした言葉に従い、それが正解だと考えてしまうと、自分を押し殺してしまう結果に繋がってしまいかねませんので注意が必要です。

 

 

団体行動や、周囲に合わせることは時には大切なことですが、行き過ぎると個性を殺すことにもなってしまいます。

 

迎合が正しいとされれば、少しはみ出しただけでもいじめの対象になってしまいますので恐ろしいです。

 

 

どちらが正解だと決めることは出来ませんが、人にはそれぞれの考えや個性がありますから、合わせる必要がないと感じるものは合わせなくても良いと思います。

 

 

100%迎合していたのでは、したくない多くのことをしなければいけなくなりますし、言いたいことを言わなければ、自分の願わない方向にどんどん進んでいくことになってしまいます。

 

そういう生き方をしていたのでは、自分の人生を生きることが出来なくなってしまいます。

 

 

 

自分の心に素直になって言いたいことを言えば、時には反感を買ってしまうこともあるかもしれませんが、それが自分が譲れないものであるのなら、その気持ちは何よりも大切にした方が良いと思います。

 

間違っても人から良く見られることを最優先にしてしまってはいけません。

 

 

 

そういう生き方をしていれば、自分を見失うことも無くなります。

 

 

何でもかんでも「いいよ」と迎合せず、自分の意見はちゃんと言って、周囲にきちんと本当の自分を理解して貰う様にしましょう。

 

 

 

 

他人が作り上げた理想の自分像を演じない

 

人は人目をとても気にする生き物ですから、他人から見た自分はこうあるべき・こう見えて欲しいという理想や願望のようなものは必ず持っていると思います。

 

これがあるから、その人らしい・らしくないというものが形成されるわけですが、こうしたものに縛られ過ぎてしまうと、本当の自分がわからなくなってしまいますので注意が必要です。

 

 

人の性格というものは、一定のようでいて実は全く一定ではありません。

 

感情は常に変化していますし、状態も刻一刻と変化していますから、自分というものは常に変化しているということになります。

 

 

ですから、人前ではいつも皆が求める面白い自分でありたい・あるべきなんていうことを考えていると、無理が生じてしまいます。

 

 

人間は機械ではなく生き物なのですから、完全に昨日と同じ自分を再現するのは不可能です。

 

また、周囲はそれを求めているという考えも幻想に過ぎません。

 

 

完璧な人間などいませんから、喜怒哀楽があって良いと思いますし、それを隠す必要も無いと思います。

 

 

人前での自分の役割はこうだ・こうあるべきと決めてしまうと、自分を苦しめてしまう結果に繋がってしまうこともありますので、くれぐれも無理はしないようにしておきましょう。

 

 

喜怒哀楽のある無理のない自然体な姿が、一番人間らしくて好感が持てると思います。

 

 

 

おわりに

 

人間関係で悩みを抱えている方は多いですが、それはやはり人前での自分はどうあるべきなのかと人と接っするたびに考えるからだと思います。

 

人とのコミュニケーションは化学反応のようなもので、上手く行くときもあれば上手く行かない時もあったりと、なかなか思うようには行きません。

 

 

こうした悩みは一生続くものですし、これだという明確な答えも無いと思います。

 

答えがないから、なるだけ上手く行く自分のやり方を模索して行かなければなりません。

 

 

 

人とのコミュニケーションは常にリアルタイムで行われていますし、その中でしか磨くことが出来ませんから、簡単なことではありませんが、自分を見失わない様にするには、人に譲りすぎず、意思をしっかり持って、自分の気持ちを尊重して守って行くことです。

 

これが出来ている人は、言いにくい場面でもズバッと自分の意見を言いますし、関係が壊れてしまうことも恐れずに言いたいことをハッキリ言うと思います。

 

 

傍から見ていると、何でわざわざそんな事を荒立てるようなこと言うのかなと疑問に感じてしまうかもしれませんが、言わないことで自分を見失ってしまう結果に繋がってしまう位なら、思い切って言ってしまった方が良いです。

 

 

自分の意見が通れば、周囲に一目置かれる存在になれるかもしれませんし、強い影響力も持つことが出来るかもしれません。

 

そうすることで、自分のポジションを確保することが出来ますので、言ったことは無駄にはなりません。

 

 

 

これを言ったらあの人うるさそうだなという人は周りにいると思いますが、そうした人は、そういう自分を自分の意思で作り上げていると考えることが出来ます。

 

軽んじられたくないからヘラヘラせず、自分の気持ちを優先させて、キツイ事もなるべく言う様にしているのだと思います。

 

 

そういう人は、周囲に少し恐れられているかもしれませんが、人の為を思って、上辺の優しさじゃない本音を言うことも出来ますから、結果的に信頼を集めることができます。

 

 

怒るべき所では怒ってやるのが本当の優しさです。

 

こうしたシーンでも笑って誤魔化すのは、ただの事なかれ主義で、優しい人と思われたいだけの人です。

 

 

どちらが人に信頼され好かれるのかは明白です。

 

 

 

現代は特にノリ重視で迎合が美徳とされている雰囲気がありますが、行き過ぎれば反動で自分の心を病んでしまうことに繋がってしまいますので、そうならない様に、自分の素直な気持ちを大切にして行くようにしましょう。

 

自分は自分らしく生きるのが一番自然で良いと思います。

 

 

自然体の自分でも多くの人に受け入れて貰えるはずですし、そういう自分を出せる場を作って、本当の自分に自信を持つことが出来れば、自分本来の輝きを取り戻すことも出来ると思います。

 

 

人生は自分探しの旅のようなものです。

 

自分の手で舵を切って、自分らしい人生を作って行きましょう。

 
  

関連ページ

いじめを乗り越えるのに効果的なたった1つの方法!
ニート・引きこもりからの脱出方法!私の体験談
人に合わせる生き方と本音の自分を出す正直な生き方はどっちが良い?
一人暮らしと車購入どっちを優先した方が良い?
パソコンが重い・固まる・動かない…そんな時の対処法とは?
コンピューターの電源を切らないでくださいというトラブル解決方法!
イライラを沈めるストレス解消方法・意識改革のヒント!
無表情でも暖かい印象を与える事が出来るようになる10のメソッド!
覇気がないと言われる人の為の覇気を身に付ける10の方法!
飽きっぽい性格を直す!三日坊主を改善させる11の思考法!
人との接し方がわからないという悩みを解消させる6つの方法!
みんな何してる?休日の過ごし方・リフレッシュ方法!おすすめ81選!
コミュニケーション障害を治すのに効果的な方法・ヒント8選!
自分嫌いな人の為の自分を好きになる7つのメソッド!
自分を出せない人の為の素の自分を出す8つの方法!
毎日がつまらないという悩み…おもしろい人生を送る為の7つのヒント!
シリウスアップロード時に500サーバーエラーが出る場合の対処方法!
堕落生活・ニート・引きこもりからの脱却方法!ちゃんとした人間になるには?
【暗黒時代】情緒不安定だった時代を振り返って思う事!回復した方法!
自分の変な癖を指摘された時はどうすれば良い?
我慢強くなる!ワガママな性格を直す5つの方法・考え方!
友達と上手く付き合えないという悩み…人付き合いを上手く行かせる5つの方法!
友達やカップルの会話が続かない悩みを克服する6つの方法・考え方!
人生が辛い・つまらなく味気ない毎日から抜け出す5つの方法・考え方のヒント!
生きる気力が湧いてこないという人が元気を取り戻す5つの方法・ヒント!
暗い性格を直す!明るい性格のつくり方!5つの方法とヒント!
毎日を健やかに生きる!心を病まないようにする方法・考え方のヒント5つ!
自分が大嫌いな人が自己嫌悪から脱出する効果的な方法・考え方5つ!
他人に依存しないで自立する方法・考え方のヒント5つ!
人間不信の治し方!人を信じられる様になる方法・考え方のヒント5つ!
生き方がわからないという悩み!人間の生き方・在り方を考える!
考えすぎる性格の治し方!心配性を治す方法・ヒント5つ!
鬱にならない方法!毎日を気楽に生きる方法・考え方のヒント5つ!
気力がわかない人の為の気力を上げる方法・ヒント5つ!
余裕がない人が気持ち・心に余裕を持つ方法・考え方のヒント5つ!
面倒くさがりな性格の治し方!行動的になる5つの方法・ヒント!
協調性がない人が周囲と上手く付き合って行く方法・考え方のヒント5つ!
人が怖いという悩みの克服方法・考え方のヒント5つ!
人に興味が持てない人が人に興味を持つ方法・考え方のヒント5つ!
当たり前のことができない悩みを解消させる方法・ヒント5つ!
現実逃避をせずに現実と向き合える様になる方法・考え方のヒント5つ!
物事に対して興味・関心を持つ方法・考え方のヒント5つ!