【読書】月3万円ビジネスを読んだ感想・メモ

Pickup!


自給自足も夢じゃない?趣味にも最適なキス釣りはかなりおすすめ! 


毎日スッキリ!便秘を解消・体質改善させる方法!7つのヒント! 


誰でも今すぐ野菜作りが始められる!市民農園のすすめ!


音楽理論がわからない人が直感で曲を作るのにオススメなグルーブボックス! 


センスが悪い人でもインテリア作りで失敗しない方法!


ずっと彼女がいない人におすすめな本→ずっと彼女がいないあなたへ

【読書】月3万円ビジネスを読んだ感想・メモ

私は自由業で、いつも稼ぎのネタを探していますので、ビジネスのアイデアが仕入れられるかなと思い、この月3万円ビジネスを読んでみました。

 

 

読んだ感想は、はじめはもっとシンプルにプチビジネスについて書かれた本なのかと思っていましたが、そんななまぬるいものでは無くてビックリしました。

 

 

本の表紙にも書かれていますが、非電化・ローカル化・分かち合いで愉しく稼ぐ方法というサブタイトル通り、著者はこの取り組みに徹底的に拘っています。

 

 

たのしくいいことで、営利目的でやらないプチビジネスで月3万円稼げれば最高じゃないという考え方です。

 

 

頑張れば3万円以上稼いで本業とする事も可能ですが、あえてそうはせず、人との繋がりを大切にしたり、環境に配慮したりなど、無理なく働くというビジネススタイルに徹底的に拘っています。

 

 

 

こういうプチビジネスを幾つか持っておいて、豊かな生活を送りましょうというニュアンスです。

 

 

 

資本主義・グローバル化社会の真っ只中にある現代だからこそ、こうした考え方がとても大切になるのだと思います。

 

 

人を大切にしない、営利第一というスタイルでやって来た結果が、リストラ・人を大切にしない社会・機械化・安かろう悪かろうというモノを生み出すという結果に繋がっています。

 

 

 

こうした社会は長くは続きませんから、どこかで必ず終焉を迎える事になってしまいます。

 

 

 

こういうやり方の対局にあるのが、この月3万円ビジネスです。

 

 

  • 月3万円しか稼がないから、仕事の奪い合いにならない
  •  

  • 営利よりも人の為になる事を優先するから、人との暖かい繋がりが生まれる
  •  

  • 儲け第一に考えず、人の役に立つ方法を考える
  •  

  • みんなが楽しめる仕事

 

 

こういうやり方をしていれば、人との繋がりを生み出しますし、繋がりがまた新たな仕事を生み出し、助け合いにもなり、好循環を生み出し、地域活性化にも繋がります。

 

 

こういうビジネスは、地方でも探せば沢山ありますし、実践者も沢山います。

 

 

 

本書では第2章に月3万円ビジネスの実例が沢山紹介されています。

 

 

例えばこんな感じです。

 

 

卵を1日20個売るビジネス

 

●平飼い鶏卵(@50円)を1日20個売る

 

50円×20個×30日=月3万円

 

●客は都市部の住人5〜10人

 

→社会活動や文化活動の仲間から

 

●ポイント

 

@平飼いで上質の鶏卵
Aいい餌を只で→食べ残し中心
B夏涼しく冬暖かい鶏小屋を自作
C隣接する都会で販売
D鶏糞を有機肥料に

 

 

本書55ページより

 

 

 

など、こういうビジネスアイデアが沢山紹介されています。

 

 

しかも、アイデアのみに留まらず、実際に非電化工房製として必要な施設や道具などを実際に作ってしまっているのが凄い所です。

 

 

 

このビジネスは、通常1個15円程度で販売されているケージ飼いで育てられた鶏の卵を、平飼いで健康的に育てた鶏の卵にして、1個50円で売るというビジネスモデルです。

 

健康に育てられた鶏の卵は低コレステロールですし、健康思考な方は気にしている方も多く、普通にそれくらいの値段でも売られている様ですから全く無理のある話ではありません。

 

 

餌は食べ残しで、例えば、レストランと併用して食べ残しを利用する様にすれば一石二鳥です。

 

 

また、鶏糞は有機肥料にも出来ますから、野菜や作物の肥料にする事も出来ます。

 

 

いいものを食べているので、いい肥料も出来ます。

 

 

 

 

この1つのビジネスモデルを読んだだけで私はとても感動してしまいました。

 

 

そして、月3万円ビジネスのアイデアを考えるのも面白そうだなと思いました。

 

 

 

田舎で仲間がいれば、グループを作って活動する事は可能ですし、それを上手くプチビジネスに繋げて行く事も可能です。

 

 

こうやって考えて行けば、沢山のプチビジネスを生み出す事が可能ですし、複数兼業する様にすれば、生活に困らないだけのお金を稼ぐ事も可能ですし、仕事に追われる事無く、人・環境を大事にしてビジネスを継続させて行く事も可能です。

 

 

また、仲間を作って、ビジネスを分け与えても良いです。

 

仕事を奪い合うのでは無く、ノウハウを教えて皆でやって、必要な分だけお金を稼げば良いです。

 

 

この様な考え方がとても素晴らしいと思います。

 

 

地域の仕事を根こそぎ狩りつくしてしまうような大企業とは真逆の考え方です。

 

 

こんな時代だからこそ、こういう暖かい本当に人の為になる仕事が大切だと思います。

 

 

 

 

ビジネスだからって環境破壊をしたり、地域社会を破壊してしまったのでは、結局最終的には面白くない所に行き着いてしまいます。

 

ビジネスをはじめる時には、そういう事を考えるのもとても大切だと思います。

 

近江商人の三方よしという考え方も、同じ様な考え方から来ているのかなとも感じます。

 

 

依存社会の形成

 

終戦後、自給自足を余儀なくされるほどの貧しさから出発して半世紀。

 

物質的には豊かになり、経済は桁違いに大きくなりました。

 

経済の成長に伴って、自給率は著しく低くなりました。

 

 

見方を変えれば、僕たちは依存度を高めることによって経済を大きくしてきました。

 

依存がある限度を超えると様々な問題を引き起こすのは世の常です。

 

 

(中略)

 

 

依存が強くなると自分で考えなくなる。

 

自分で生きていく力も弱くなる。

 

鬱病や免疫不全症や成人病の増加は必然の帰結です。

 

 

今がまさにそういう時代です。

 

だから自給率を高める事がテーマになりえるのです。

 

 

(中略)

 

地方は自給率を高められる

 

(中略)

 

地方では自給率を高める事は容易な理屈です。

 

しかし現実的には容易ではありません。

 

高度経済成長の50年にわたって、ひたすら依存度を高めてきた結果、自分で作る能力が衰えてしまったからです。

 

 

自分で作りたくてたまらないのに、できなくてもどかしさを感じている人が増えています。

 

だから、自給を促すビジネスは有望です。

 

 

ビジネスとして有望であるばかりではなく、社会の持続性を高めます。

 

本書153〜154ページより

 

 

 

 

 

 

こうした時代の流れがあるから、現在は自分で何かを作りたい・マイビジネスを持ちたいという方が爆発的に増えているのだと思います。

 

 

近年は、田舎に移り住んで本当に自分のやりたい仕事を探すという方も多いです。

 

 

ちょと違いますが、私は東京から田舎に帰省して来て畑をはじめましたが、やはり現代社会に疑問を感じる部分があって野菜を自給自足してみたいという思いが生まれ、自分で野菜を作りはじめました。

 

やってみて思う事ですが、自給自足する事は心の満足に繋がりますし、そういった事はそこらじゅうに沢山ありますから、自分で出来そうな事はやってみると良いと思います。

 

そこには、ただ自分で作ったという以上の感動がありますし、学べる事も多いです。

 

私は今では完全に野菜に対する考え方が変わりました。

 

 

ビックリする程安く売られている野菜ですが、プロの方が育てる野菜はとても綺麗で手間暇掛かっています。

 

当たり前にスーパーに並んでいていつでも低価格で購入できますが、自給率が下がれば野菜は高騰しますし、最悪の場合手に入らなくなる事もあります。

 

自給率が下がればそうなります。

 

 

 

 

また、色んな所で言われている話になりますが、資本主義社会は、行くところまで行ってしまえば最後には完全崩壊してしまいます。

 

 

これから機械によるオートメーション化が進み、多くの人から仕事が奪われ、都会の一極化はますます進んで行くと思いますが、そこから抜け出して地方に逃げ出した組も何もしない訳には行きませんから、何かしら仕事を探すことになると思います。

 

 

アルバイトや派遣・パートとして働くのも良いですが、折角同じお金を稼ぐのであれば、もっと世のため人のため・地域の為になる仕事をするようにした方が、何事においても良いと思います。

 

 

そのほうが自分も豊かに暮らして行けると思います。

 

 

 

その気になれば、ビジネスのアイデアは沢山ありますので、探してみると良いと思います。

 

構想を練るだけでも楽しいですし、上手く行けば地域にも貢献できるいいしごとを見つける事もできるかもしれません。

 

 

本書にも沢山ヒントがあります。

 

 

 

この本は、本当に気軽な気持ちで読んだのですが、具体例まで書かれていたり、エコロジーに対しての拘りが強かったりと、とても読み応えのある面白い本でした。

 

 

世のため人の為になるプチビジネスを探している方にはとても参考になると思いますので、一度読んでみると良いと思います。

 

 

 

 
  

関連ページ

第153回芥川龍之介賞受賞作、火花(ひばな)を読んで「感想」
40%理解しあえたら結婚しようを読んだ読書感想メモ
特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ【読書】
本を開いて押さえる便利アイテム!ページオープナーが超便利!
書籍「超凡思考」を読んで…読書感想・メモ
【読書】「ひとり時間」ですべてがうまく回りだす!を読んだ感想・メモ
【読書】ベストフレンドベストカップルを読んだ感想・メモ
アイディアを10倍生む考える力を読んだ読書感想・メモ!
面白くてよくわかる!アドラー心理学を読んだ感想・読書メモ
時間があるなら図書館を有効活用しよう!知的宝庫図書館通いのすすめ!
男と女の心理学・コツさえわかれば相手は振り向くを読んだ読書感想メモ!
仮想世界で暮らす法を読んだ読書感想メモ!
キーワード検索がわかるを読んだ読書感想メモ!
幸福の探求・幸福に生きるための条件とはを読んだ読書感想メモ!
男のための自分探しを読んだ読書感想メモ!
大人の「男と女」のつきあい方を読んだ読書感想メモ!
ずっと彼女がいないあなたへを読んだ読書感想メモ
書籍を読む事で間違いなく増えて行く知識の引き出し・ボキャブラリー!
〈愛〉の処方箋・こころと魂を癒すサイコセラピストの助言62・読書メモ!
ソウルメイトを探せ!理想の恋人の見つけ方を読んだ読書感想メモ!
イソップに学ぶ恋愛成功法則を読んだ読書感想メモ!
愛されるこころ愛を疑うこころ・真実の幸福のある場所の読書メモ!
恋愛不全時代の処方箋を読んだ読書感想メモ!
ほんのちょっとでも結婚が気になるあなたへを読んだ読書感想メモ!
運命の人(ソウルメイト)と結婚するためにを読んだ読書感想メモ!
大学で大人気の先生が語る〈恋愛〉と〈結婚〉の人間学を読んだ読書感想メモ!
困難な結婚を読んだ読書感想メモ!
悪の恋愛術を読んだ読書感想メモ!
「恋ゴコロ」のすべてがわかる早稲田の恋愛学入門を読んだ読書感想メモ!
なぜ自分の恋に自信が持てないのかを読んだ読書感想メモ!
あらしのよるに−恋愛論−を読んだ読書感想メモ!
はじめての結婚を読んだ読書感想メモ!
人は、恋愛でこそ磨かれるを読んだ読書感想メモ!
本気で人生を変えたい人のための自分を愛する技術の読書感想メモ!
働くことを考えはじめたとき読む本を読んだ読書感想メモ!
効果的な本の読み方について考える!本を読む時の心構えとは?
「自分」への信頼を失うな・感情を出したほうが好かれるの読書感想メモ!