男と女の心理学・コツさえわかれば相手は振り向くを読んだ読書感想メモ!

Pickup!


冬の電気代節約に超おすすめ!デスクパネルヒーター!


毎日スッキリ!便秘を解消・体質改善させる方法!7つのヒント!


自給自足も夢じゃない?趣味にも最適なキス釣りはかなりおすすめ! 


誰でも今すぐ野菜作りが始められる!市民農園のすすめ!


センスが悪い人でもインテリア作りで失敗しない方法!


ずっと彼女がいない人におすすめな本→ずっと彼女がいないあなたへ

男と女の心理学・コツさえわかれば相手は振り向くを読んだ読書感想メモ!

現在私もリアルタイムで出会い探しをしていますが、やはり男女の恋はなかなか上手く行きません。

 

婚活になると、一生を共にしようという異性を探す訳ですから、やはり数人と会った位では上手く行かないのが普通だと思います。

 

 

相手の好みもこちらの好みもありますから、なかなか簡単には行きません。

 

 

 

そもそも、自分のストライクゾーンはそんなに広くは無いという方が殆どなのではないでしょうか?

 

 

学生時代に好きだった異性は、クラスに1人いるかいないかという確率ですから、30〜40人に1人という事になります。

 

 

クラス以外にはなかなか目が行きませんから、なかなか対象には入りにくいですが、好きな人は身近な人の中から見つけやすいものですから、おおよそこれくらいの人数がいれば1人位は見つけられるものなのかなという感じがします。

 

 

 

意中の相手と出会うのは、このように難しい事でもありますので、諦めないで沢山の異性と会ってみるという姿勢で恋活・婚活をするのが丁度良いと思います。

 

 

そして、その都度恋愛スキルを高めて行くようにすれば、どこかで自分とフィーリングの合うバランスの良い相手が見つかると思います。

 

 

 

 

恋愛スキルは、色んな異性とデートしてみて、実践経験を積む事が最も良い方法だと思います。

 

 

ですから、上手く行かず失敗に終わってしまった出会いでも、良い思い出として、楽しむ様にするのが一番良いと思います。

 

 

また、私は、恋愛心理学などの書籍を読む事でも恋愛スキルを高める努力をしています。

 

 

本書、男と女の心理学もその一環として読んでみました。

 

 

 

この手の本は、何冊も読んで来ていますから、既に知っている事も多かったですが、テクニックはすぐに忘れてしまいなかなか身に付ける事は出来ませんから、今回読む事で再確認する事が出来ました。

 

 

既に知っている知識も多かったですから、飛ばし読みもできましたし、189ページで文字数もあまり多くはありませんから、サラッと3時間程度で読む事が出来ました。

 

 

ここでは読んでみて気になった点をピックアップして行きたいと思います。

 

 

 

 

本書の気になった点をピックアップ

 

 

外見の良い女性は得をする

 

外見の良し悪しと、その人が人間的に優れているかどうかということは別問題ですが、美人の方が得をするのは事実です。

 

なぜなら、容姿端麗といった身体的な魅力があると、性格も良く、能力があり、優れた人物とみなされやすいからです。

 

 

人には、何か一つでも際立った特徴があると、その特徴を基にしてその人の全体を評価する傾向があります。

 

これを後光効果といいます。

 

 

(中略)

 

男性が美人と一緒にいたがる理由

 

(中略)

 

美人のガールフレンドを連れた男性は、その交友関係が後光となって、相手に後光効果を感じさせたということがわかります。

 

男性は、美人と一緒にいることで、他人から高く評価されやすいということを知っているです。

 

だから、男性は美人と一緒にいたがるわけです。

 

美人は本人が得をするだけでなく、一緒にいる男性にも得をさせるという事です。

 

 

 

 

 

本当に面食いなのは実は女性?

 

(中略)

 

実は、男性の場合、外見が良いほど好意を持つとは限らないということも調査でわかっています。

 

つまり、極端にいうと男性は「性格の悪い美人より、性格のいいブス」を選ぶ傾向にあるということです。

 

 

反対に女性は、外見と好意の関係性が強いという結果が出ました。

 

 

ということは、女性は「男は顔じゃなく性格や人柄で選ぶ」と言いながら、実際のところはハンサムな男性をすきになるということでしょう。

 

そうなると、男性より女性の方が実は面食いなのかもしれません。

 

本書19〜21ページより

 

 

 

 

恋愛においては、なんだかんだ言ってもやはり外見は大事だと思います。

 

 

結婚になると外見より中身だ!というのは多くの方が口にしていることだと思いますが、相当な悪条件でも無い限り、見た目の好きな異性と一緒になれた方が幸せになれるに決まっています。

 

 

私も大人の恋愛は中身重視だとは思う様になって来ていますが、それでもやはり最低限のレベルというものはあります。

 

 

隣に並んで周囲に明らかに不釣り合いだと注目を浴びてしまうような異性との恋愛は考える事が出来ません。

 

 

周りの目を気にするのはどうかと思いますが、この後光効果は相手にも影響するというものを読むと納得が出来る気がします。

 

 

やはり人間の本能として、優れた容姿の相手を射止めた方が自分が優れている事の証明になるというのは間違い無いです。

 

 

私にもそういう感覚は備わっています。

 

また、結婚したら子供を作るわけですから、子供の容姿にも影響を与える事になります。

 

そうなると、なるだけ良い容姿の子供を作りたいという思いから見た目の良い相手を選んでしまう本能のようなものもあるのかもしれません。

 

 

 

男女どちらにしろ、出来る範囲の外見を磨く努力はした方が、出会いの間口を広げる事が出来ると思いますので、手抜きせずしっかり磨いておきたい所です。

 

 

 

 

第一印象がその後の関係に影響する心理学的効果

 

初対面での第一印象はとても重要です。

 

なぜなら、第一印象で判断した相手に対するイメージというのは、その後の対人関係におおきな影響を持ち、そのイメージはなかなか変わらないからです。

 

 

最初の印象がその後の印象を規定してしまうこうした現象を心理学では初頭効果といいます。

 

(中略)

 

初対面で悪い印象を与えてしまうと、何度会っても最初の悪印象が容易に払拭できないばかりか、ますます嫌われて行く可能性の方が高くなります。

 

当然「好感の持てる人」といったような良い第一印象も簡単にくつがえることはありません。

 

ですから、初対面の人に第一印象で好印象を与えることに成功すれば、持続する好印象が良い影響を与えて、その相手と親密な関係を築ける可能性が高まります。

 

 

 

おつきあいできるかは初対面の印象で決まる

 

 

(中略)

 

では、恋愛の第一歩である最初の出会いのときはどうでしょう。

 

この場合、相手に何度も会う義務はないのですから、もし第一印象が悪ければ次は会ってくれないでしょう。

 

次がなければ恋愛に発展することはありえないのですから、初対面で好印象を与えることが特に重要なのです。

 

 

「自分の良さは付き合ううちにわかってもらえる」などと考えて第一印象に気を配らないでいるようでは、恋愛のパートナーを得るチャンスはなかなか訪れないと心得るべきです。

 

 

 

 

 

人は他人を外見で判断している?

 

第一印象は、態度や話し方だけで決まるわけではありません。

 

第一印象には見た目(外見)も大きく影響します。

 

 

「人は見かけによらぬもの」ということわざどおり、人は外見だけでは判断できないということを私たちは経験的に知ってますが、実際には人を見かけで判断している場合が多いのです。

 

 

外見とは、ハンサム(美人)であるとか、服装のブランドが何かという事ではありません。

 

問題なのは、初対面の相手と接する時の表情や、服装がその場の状況に合っているかということです。

 

仏頂面より笑顔で接し、派手すぎる服装や奇抜の格好は避けるといった常識的なことに配慮すればいいのです。

 

 

特に女性の場合は、服装は髪形、装身具や化粧などの違いで印象が大きく変わりますので注意が必要です。

 

難しく考えず、相手に嫌悪感を与えなければ成功と考えればいいでしょう。

 

本書67〜69ページより

 

 

 

 

初頭効果は本当に大事だと思います。

 

特に合コンや、初デートなど、やはり待ち合わせした時に、常識はずれな相手の言動や態度・行動・服装などを見てしまうと、「うわ〜」と思ってしまい、その時点でその後どのような楽しい話をしようがこれっきりにしようという気持ちが覆らないという体験は、恋活・婚活をしている方であれば、一度は経験がある事なのではないかなと思います。

 

 

こうなってしまっては、その後話して猛烈プッシュをしようが相手は嫌悪感を抱いていますから逃げて行くばかりです。

 

出会った時点で相手に早く帰りたいと思われてしまったのであれば、心ここにあらずで、その場をやり過ごすのみのであいとなってしまい、わざわざ時間を作って貰い会う意味も全く無く、お互いにとって時間の無駄となってしまいます。

 

 

初頭効果とはそれ程に大切なものですから、疎かにはしてはいけないと思います。

 

 

 

 

私も、はじめてのご飯で相手が遅刻して30分程度待たされてしまったという経験がありますが、正直このような事を普通にされてしまったのでは、その後相手に対して好意の気持ちを抱く事は非常に難しいです。

 

 

こんな事はしたくないですが、無意識に相手の粗探しをしてしまい、悪い部分にしか目が行かなくなってしまう…なんて事にも繋がってしまいます。

 

  • ひょっとしてメールが遅いのもズボラだからなのか?
  •  

  • 予定を伸ばしに伸ばされたのはいい加減な人だからなのか?

 

と疑いの気持ちが湧いてしまい、目の前のであいを楽しむどころではなくなってしまいます。

 

 

 

初対面の相手に不快感を与えれば100%次は無いのですから、その出会いを大切にしたいのなら、慎重に行動するようにした方が良いと思います。

 

 

 

 

近くにいる人ほど好きになる

 

親しくなりたかったらとにかく近づけ

 

「人はまず自分の近くにいる人と親しくなる」という法則があります。

 

学生時代を思い出してください。

 

入学前から知っている人は別にして、最初に仲良くなったのは隣の机や近くに座っている同級生ではなかったですか。

 

 

会社やサークルでもなどでも同じような経験をした人が多いはずです。

 

このように、初対面同士の集団に身をおいた場合、まず近くにいる同士が仲良くなる現象を近接の要因といいます。

 

 

近接の要因を利用すれば、合コンなどでお目当ての異性と親しくなるチャンスが広がります。

 

つまり、近くにいる人と仲良くなりやすいのですから、仲良くなりたい人の近くに行けばいいのです。

 

お近づきになりたいという相手がいたら、迷わず席を移って近くに座ることです。

 

それだけでチャンスはグッと広がるはずです。

 

 

 

 

近づいただけで安心してはいけない

 

 

(中略)

 

引き続き学生の交友関係を調べて行くと、しだいに態度や考え方、性格などが似ている人同士が仲良くなっていきました。

 

つまり、共通点があるもの同士が親しくなるということです。

 

これは、前項で紹介した類似性の要因(72ページ参)です

 

(中略)

 

ですから、合コンなどで近くに座っただけで安心してはいけません。

 

もし、あなたのお目当ての人と態度や考え方が似た人がいた場合、類似性の要因でそのうちその人と仲良くなってしまうでしょう。

 

 

そうならない為には、近接の要因と、類似性の要因の両方を利用する事です。

 

最初は「近くにいる人」同士が仲良くなるのですから、合コンなどではまず近づくのが基本です。

 

(中略)

 

時間が経つほど「似たもの同士」が仲良くなってしまうのですから、出来るだけ早く共通の話題を見つける様にする事です。

 

 

すでに仲良くなりやすく、一番会話がしやすい距離にいるのですから、どんどん話しかけて共通点を探す様にしましょう。

 

本書74〜76ページより

 

 

 

 

 

近くにいる人と仲良くなる近接の要因は、学生時代の経験から既にわかっている事だと思います。

 

 

まずは隣の人と単純接触の機会が増えますから、自然に仲良くなる事が出来ます。

 

 

友達関係ならそれでも良いですが、もう一歩仲良くなって恋愛関係になろうと思うのであれば、その相手との共通点探しである類似性の要因も同時に取り入れて行く事が大切です。

 

 

 

類似性の要因については、恋愛心理学の本には必ずといって登場するものになっていますが、私も最近ようやくこうしたテクニックを上手く使う事が出来る様になりました。

 

 

 

コツは、初対面での出会いでは、お互いに知らない者同士・考え方も違う者同士なのですから、仲良くなりたいなら、自分が積極的に相手に合わせるようにした方が上手く行きます。

 

 

生真面目に本来の自分に拘って受け答えしていたのでは、A「私は野球が好きです」B「そうですか、私はサッカー派です」という様に全く共通点は生まれませんが、自分の意見はどうにだって出来るのですから、仲良くなりたいと思うのであれば、B「え!?私も野球が好きなんですよ、一緒ですね!」と答える様にした方がそこから会話が発展して行きます。

 

 

 

つまり、相手との共通点など、誰とでも作り放題な訳です。

 

 

これぞ初対面の相手と円滑に会話を進める秘訣です。

 

 

 

また、そうやって話を合わせていると、結局全く自分と合わない相手と付き合うことになるじゃないと思うかもしれませんが、そこは心配無用です。

 

 

きちんと信頼関係が構築出来たら、自分の意見を言って対立・議論しても関係は簡単には壊れません。

 

 

そして、結婚や深い付き合いになって来ると、共通点がある相手よりも自分に無いものを持っている補い合える関係が上手く行くという考え方もあります。

 

 

 

ですから、あとあと野球好きとサッカー好きという様に好みが分かれてしまっても大した問題ではないという事になります。

 

 

 

こうした事もありますので、先の事をあれこれ考えず、まずは入口である目の前の出会いに集中して、相手と良好な関係を築く事に全力を注ぐようにすれば多くの出会いを恋愛に発展させて行ける様になると思います。

 

 

 

 

 

おわりに

 

その他にもピックアップしたい項目は沢山ありましたが、この手の本は全てが参考になるものばかりですから、キリがありません。

 

 

因みに気になった項目は

 

 

  • 押しの一手が効果的な理由
  •  

  • 信用されなくても「好きだ」と言ってみる
  •  

  • ドキドキする場所が親密度を高める
  •  

  • もう一度会いたいと思わせるちょっとしたコツ
  •  

  • ときには否定的な事も言ってみる
  •  

  • けなして褒めると効果が高まる
  •  

  • こうすれば自分と相手の魅力を高める事が出来る
  •  

  • 似てないもの同士が親しくなることもある

 

 

 

などがあります。

 

 

 

恋愛心理学は、これホントに効果あるの?と思うような眉唾ものなテクニックも沢山ありますが、異性とのデート慣れしていない人にとっては、参考に出来る部分は沢山あると思います。

 

 

多くの恋愛心理学の書が似たような事を書いていますから、万人受けの良い優れたテクニックもあると思います。

 

 

また、こうしたテクニックを使う時は、あくまでもさりげなく自分らしく取り入れる事が大切だとも思います。

 

 

余りにも自分らしく無い似合わない事をやってしまうと、完全にスベっているただのおかしな人とも思われてしまいかねませんから、あくまでも知識を得て、ケースバイケースで使い分けるのがベストだと思います。

 

 

 

いずれにしても、恋愛心理学のテクニックは、全て実験に基づいて、実証されたデータを元に結論づけされていますから、やってみると上手く行く可能性は高いと思います。

 

 

ちょっとした事ですが、初対面の男女の出会いは、その後の明暗を分けるデリケートな部分も多いですから、失敗しないテクニックを身につけておきたいものです。

 

また、失敗してそこから自分なりのやり方を見つけて行くのも大切な事です。

 

 

 

恋愛心理学を学びたい人にとっては、多くの気づきが得られる一冊だと思います。

 

 

 
  

関連ページ

第153回芥川龍之介賞受賞作、火花(ひばな)を読んで「感想」
40%理解しあえたら結婚しようを読んだ読書感想メモ
特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ【読書】
本を開いて押さえる便利アイテム!ページオープナーが超便利!
書籍「超凡思考」を読んで…読書感想・メモ
【読書】「ひとり時間」ですべてがうまく回りだす!を読んだ感想・メモ
【読書】月3万円ビジネスを読んだ感想・メモ
【読書】ベストフレンドベストカップルを読んだ感想・メモ
アイディアを10倍生む考える力を読んだ読書感想・メモ!
面白くてよくわかる!アドラー心理学を読んだ感想・読書メモ
時間があるなら図書館を有効活用しよう!知的宝庫図書館通いのすすめ!
仮想世界で暮らす法を読んだ読書感想メモ!
キーワード検索がわかるを読んだ読書感想メモ!
幸福の探求・幸福に生きるための条件とはを読んだ読書感想メモ!
男のための自分探しを読んだ読書感想メモ!
大人の「男と女」のつきあい方を読んだ読書感想メモ!
ずっと彼女がいないあなたへを読んだ読書感想メモ
書籍を読む事で間違いなく増えて行く知識の引き出し・ボキャブラリー!
〈愛〉の処方箋・こころと魂を癒すサイコセラピストの助言62・読書メモ!
ソウルメイトを探せ!理想の恋人の見つけ方を読んだ読書感想メモ!
イソップに学ぶ恋愛成功法則を読んだ読書感想メモ!
愛されるこころ愛を疑うこころ・真実の幸福のある場所の読書メモ!
恋愛不全時代の処方箋を読んだ読書感想メモ!
ほんのちょっとでも結婚が気になるあなたへを読んだ読書感想メモ!
運命の人(ソウルメイト)と結婚するためにを読んだ読書感想メモ!
大学で大人気の先生が語る〈恋愛〉と〈結婚〉の人間学を読んだ読書感想メモ!
困難な結婚を読んだ読書感想メモ!
悪の恋愛術を読んだ読書感想メモ!
「恋ゴコロ」のすべてがわかる早稲田の恋愛学入門を読んだ読書感想メモ!
なぜ自分の恋に自信が持てないのかを読んだ読書感想メモ!
あらしのよるに−恋愛論−を読んだ読書感想メモ!
はじめての結婚を読んだ読書感想メモ!
人は、恋愛でこそ磨かれるを読んだ読書感想メモ!
本気で人生を変えたい人のための自分を愛する技術の読書感想メモ!
働くことを考えはじめたとき読む本を読んだ読書感想メモ!
効果的な本の読み方について考える!本を読む時の心構えとは?
「自分」への信頼を失うな・感情を出したほうが好かれるの読書感想メモ!
働くことの意味がわかる本を読んだ読書感想メモまとめ!