自給自足も夢じゃない?趣味にも最適なキス釣りはかなりおすすめ!

Pickup!


自給自足も夢じゃない?趣味にも最適なキス釣りはかなりおすすめ! 


毎日スッキリ!便秘を解消・体質改善させる方法!7つのヒント! 


誰でも今すぐ野菜作りが始められる!市民農園のすすめ!


音楽理論がわからない人が直感で曲を作るのにオススメなグルーブボックス! 


センスが悪い人でもインテリア作りで失敗しない方法!


ずっと彼女がいない人におすすめな本→ずっと彼女がいないあなたへ

自給自足も夢じゃない?趣味にも最適なキス釣りはかなりおすすめ!

私は釣りの経験はあまり多い方ではありませんでしたが、友人に誘われキス釣りをした事がきっかけで、本格的にキス釣りをはじめることにしました。

 

私の友達には釣りを趣味にしている人が沢山いますから、たまの休日には誘われて釣りに行く事はありました。

 

 

そうやって釣りに行くと面白くて、いつも趣味として本格的に始めようかなと思ってはいたのですが、自分で始めるのにはちょっとした問題もありました。

 

その問題は何かというと、餌である青イソメ(ミミズに大量の短い足が生えたようなウネウネした生き餌)が気持ち悪くて触りたくないという事です。

 

 

友人と釣りに行く時は覚悟を決めて餌を使いますが、これを自分で買って持ち歩いて使って釣りをするというのはちょっと気持ち悪くてどうも気が進みませんでした。

 

これを食べた魚を食べるというのも何だか気持ちが悪い話です。

 

 

私は本当にウネウネしたものが嫌いです。

 

誰かと一緒にやるなら良いですが、一人でなんて絶対にやりたくないと思っていました。

 

 

多分これは小さい頃に見たミミズが人を襲う映画のトラウマだとも思いますが、本当に細長いウネウネした虫は嫌いです。

 

 

 

そうした餌のハードルがあったのですが、キス釣りはオキアミ(死んだ小エビ)でも大丈夫ということなので、私はオキアミ派で行く事にしました。

 

という事で、マイ竿を買って釣りデビューする事になりました。

 

 

 

キス釣りとは?

 

釣りをやったことがない方は、キス釣りって一体どういうものなのという事が気になると思いますが、キスは砂浜の女王とも言われている魚で、白くて透き通っている綺麗な小ぶりの魚です。

 

砂浜の底に生息していて、比較的難易度の低い魚です。

 

 

恐らく海で釣りをした事がある方は一度は釣った事があるのではないかなと思います。

 

初心者はキス釣りからはじめると良いと言われるほど簡単で狙いやすい魚です。

 

 

 

キスは砂浜(サーフ)の底にいますから、重りを付けて針を付けてちょい投げをすればすぐに釣ることが出来ます。

 

釣りの手法としては、投げて底を引きずって大人が歩く位のゆっくりとしたスピードでリールを巻いて行くと、キスが餌に食いついて来て、その内ヒットとなります。

 

 

基本的にはこれを繰り返すだけです。

 

また、キスは群れで行動している様ですから、適当に遠投して引きずってリールを巻いてアタリを確認する事でポイントを探って行来ます。

 

 

暖かくなって来ると、かなり浅い所まで来ますから、そんなに遠くに投げる必要もなく近場で本当にちょっとした竿でも狙う事が出来ます。

 

 

 

キスはそんなに大きくなく口も小さいですから、餌は小さめがよくてイソメやオキアミが良いそうです。

 

オキアミは使ってみましたが、食いつきは良いですが、餌が外れやすいです。

 

 

ひどい時は遠投しただけでも餌が飛んで行きます…

 

恐らくこういう理由があってイソメを使う人が多いのだと思います。

 

 

私の周りは、昔はみんなオキアミを使っていましたが、今はイソメを使っているようです。

 

気持ち悪いですが、確実に釣果を出したいならやはりイソメが良いのだと思います。

 

 

イソメは細いですし、投げた位では外れません。

 

 

 

 

キス釣りは、防波堤からでも釣る事が出来ますが、砂浜からでも釣る事が出来ます。

 

防波堤で釣りをする人は多いですが、個人的には足場が悪いし混み合うので砂浜の方が好きです。

 

 

また、砂浜の利点は、すぐに場所を変えて釣りが出来る点にあります。

 

キスは群れで動きますから、投げてポイントを探って釣れなくなったらどんどん移動してポイントを変えて行く様にした方が良い様です。

 

魚がいない所に餌を投げても仕方がありませんから、アタリのある群れのある場所を探して投げる様にしましょう。

 

少し波がある所にいるとも言われています。

 

 

 

防波堤だったらあまり移動は出来ませんが、砂浜なら横にいくらでも移動できますから、そういった意味で良いのかなと思います。

 

何となくですが、砂浜に小さな椅子を置いて、座ってのんびり釣りをするのが自分的には好きです。

 

 

 

釣りになぜハマったのか

 

なぜ今頃釣りにハマったのか自分でもちょっと不思議なのですが、友達と行った釣りで沢山釣れて楽しかったということと、食べたら美味しかったということが私が釣りを始めようと決意した大きな理由です。

 

それ以前は魚になど全く興味がなく、種類もわかりませんから、「変なの釣れたら嫌だな」、「ヌルヌルした魚触りたくないしな」「魚がかわいそうだな」なんて事を思っていましたが、変な魚はリリースすれば良いだけですし、魚は触らずとも専用のハサミがありますし、普段から魚も肉も食べているのに可哀想というのは少し変だなとも思います。

 

 

こうした問題も全てクリアしてしまう位キス料理が美味しくて感動してしまった為、釣りに目覚めてしまいました。

 

 

 

私が住んでいる九州南部は海が綺麗ですし、沿岸部ですからすぐに良い感じの釣りスポットに行くことが出来ます。

 

ですから、釣り放題ですしキスを上手く釣ることさえ出来れば食べ放題です。

 

 

私は家庭菜園で野菜も作っていますが、これに魚もプラスされたらまた私の自給自足レベルが一段階アップします。

 

こういった点で関連して来ましたので、釣りを本格的にはじめる事にしました。

 

 

 

海沿いには老若男女の釣り人がいますが、趣味でやっている方もいれば、今夜の晩ご飯にと自給も兼ねている人もいると思います。

 

今日・明日食べる分だけ自分で獲って食べる…

 

 

これって素敵な事だと思います。

 

何というか、土を耕すのと同じでDNAを刺激されるような感覚を覚えます。

 

 

太古の昔からやって来た最もアナログな食料自給の方法です。

 

やっぱりやってみると面白いです。

 

 

 

釣りの面白さとは?

 

釣りの面白さは色んなところにあります。

 

私は海自体が好きですから、ただ行くだけでも楽しめます。

 

 

時々トレーニングで砂浜を走ったりもしていました。

 

今後は釣りスキルも手に入れたので、色んな場所に釣りを楽しみに行きたいと思います。

 

 

 

釣りは、餌を付けて針を海に入れれば、魚が食いついて来て、その手応えが竿を通じてリアルに感じられますから、そこに魚がいて餌を狙っているということがすぐにわかりますし、取るか取られるかの駆け引きにとても興奮してしまいます。

 

餌に魚が食いつくと、ビクッビクッと手応えがありますが、針のある部分に食らいついたらかなり大きな手応えがあります。

 

 

この感触が病みつきになります。

 

 

 

もちろん上手くいかずに餌だけ取られてしまう時もあります。

 

針のかかりが浅ければ、一度は連れても巻いている内に逃げられてしまうこともあります。

 

 

どこに針を投げるか、引き具合などの駆け引きが楽しいです。

 

 

 

また、あげてみるまで何が釣れているかわからないという所も釣りの面白い部分です。

 

角の生えた目つきの悪いフグを釣った時はとても驚きました。

 

 

最初は悪魔を釣り上げてしまったのかと思いました。

 

そうしたハズレもある所もゲーム性があって面白いです。

 

 

 

海には色んな魚がいて、中には毒魚もいますから、訳のわからない魚は素手では触らずリリースした方が良いです。

 

私は生臭いのも嫌いなのですが、釣りアイテムは充実していて、魚を素手で触らなくても良いハサミもありますから、苦手な方はこういうものを揃えてトライすると良いと思います。

 

 

キスがおすすめなのは生臭くない点にもあります。

 

本当に綺麗な魚で、美味しくて手頃な大きさで、釣れやすくて良いです。

 

 

これから釣りをはじめようかなと考えている人にはおすすめです。

 

 

 

最初に揃えるもの

 

とりあえずですが、私が揃えたものは

 

  • 釣竿
  •  

  • 重り
  •  

  • 針(2個付いているもの)
  •  

  • クーラーボックス
  •  

  •  

  • 糸切りバサミ
  •  

  • 魚を掴むハサミ
  •  

  • 針を外すピンセット
  •  

  • 餌(オキアミ)
  •  

  • 小さい椅子
  •  

  • タオル
  •  

  • ウェットティッシュ
  •  

  • ビニール袋

 

 

などです。

 

 

一度釣りに行って感じましたが、砂浜で釣りをするなら竿を立てるスタンドのようなものも欲しいです。

 

あれば釣った時に魚が外しやすくなると思います。

 

 

あと、道具を入れるポシェットのようなものもあると便利なのかなと思います。

 

細かなものは100均ででも買えば良いと思います。

 

 

道具を揃えるのもまた楽しいです。

 

 

 

おわりに

 

キスはウロコを落として塩焼きにしても良いですし、開いて天ぷらにしても良いですし、フライにしても良いですし、刺身でも美味しく食べることが出来ます。

 

この間は、天ぷらと唐揚げにして食べましたが、自分で釣ったということもあり、本当に美味しかったです。

 

 

綺麗な白身魚ですからきっと塩焼きもとても美味しいんだと思います。

 

早く釣って食べてみたいです。

 

 

 

面白いことに、私は魚を調理したことはありませんが、自分で釣りをするようになったらさばいてみたいという意欲が湧いて来るようになりました。

 

臭いから魚は触りたくはありませんでしたが、釣りをするようになればどうせ触りますし、そうやって抵抗がなくなったのだと思います。

 

一人暮らしで料理スキルもだいぶ高くなりましたしベストなタイミングです。

 

 

自分は一生魚のウロコを落とすことも、さかなを開くこともしないだろうと思っていましたが、釣りをきっかけに興味を持つことが出来てやることになりそうです。

 

 

やり方も今ではyoutubeに沢山解説動画がありますから、そうしたものを参考にすれば簡単に出来ます。

 

天ぷら料理なども一生手を出す事は無いだろうなと考えていましたが、今ではやってみたくてしょうがないです。

 

刺身も興味があります。

 

 

このように釣りをはじめた事で様々なスキルが身につけられるという点もとても面白いです。

 

 

 

釣りは、田舎ならカップルや夫婦・家族でやっている方も多いです。

 

暇で何の予定も無い休日は、釣竿でも持って海に出かけてキス釣りでもしてみれば、良い時間潰しにもなりますし、楽しいですし、ついでに晩ご飯のオカズも手に入ります。

 

 

釣りはデートにもレジャーにも最適です。

 

良い家族サービスにもなります。

 

 

 

釣竿はピンからキリまでありますが、最初は入門用のものを買えば良いと思います。

 

私もそうしました。

 

 

人によっては10万円必要だという人もいますが、実際の釣果は金額とは関係無い様です。

 

 

入門用の竿は2,000円位から買えますから、これからお試しではじめてみたいという方は、それくらいのものからはじめてみると良いと思いますよ。

 

 

家庭菜園と合わせて、自給自足スキルをアップさせてみてはいかがでしょうか。

 

 

→shop405の激安釣り竿入門セット!