大事な事はいつもシンプルで泥臭い!本当に大切な事を忘れてはいけない!

Pickup!


毎日スッキリ!便秘を解消・体質改善させる方法!7つのヒント! 


誰でも今すぐ野菜作りが始められる!市民農園のすすめ!


冬の電気代節約に超おすすめ!デスクパネルヒーター! 


センスが悪い人でもインテリア作りで失敗しない方法!


ずっと彼女がいない人におすすめな本→ずっと彼女がいないあなたへ


大事な事はいつもシンプルで泥臭い!本当に大切な事を忘れてはいけない!

大事な事はいつもシンプルで泥臭いという事は、以前読んだ書籍「超凡思考」でもとりあげられていました。

 

 

この事については、今迄の人生を振り返ってみると、なんとなくわかる事だったりします。

 

 

大人になったら、子供っぽい事はしないだとか、カッコ悪いだとか、色んな想いが芽生えてしなくなってしまう事は沢山あると思いますが、よくよく考えてみたら、そうやってやらない事で本当の幸せを逃してしまっているという事もあると思います。

 

 

家族とのやり取りにしたってそうです。

 

 

大人になると、子供の頃の様に、お母さんありがとう、おとうさんありがとうなんて感謝の気持ちを言葉にする事が難しくなって来ます。

 

 

小さい頃は何も考えず面と向かって堂々と感謝の言葉を口にしていましたが、私は中学生の反抗期位から、そうした素直な気持ちを両親に対して表現する事が出来なくなってしまっています。

 

 

こうした事も、本当はできるのであればやった方が良いと思います。

 

 

 

回りくどく野菜をプレゼントしたりしていますが、本当は、「ありがとう」と面と向かって言うのが一番嬉しい事なんだろうなと思います。

 

 

実家の冷蔵庫にずっと貼ってある、「お母さんありがとう」と書かれた、私が小さい頃に送った手書きのボロボロメッセージカードを見るたびにこうした事を考えてしまいます。

 

 

 

本当にやらなければいけない事はなんともシンプルで泥臭いものなのだと思います。

 

 

 

 

 

様々なシーンでそう感じる

 

今日テレビで大家族の特集をやっていましたが、ある家族は、6人兄弟のシングルマザーという家族構成で、一見すると大変で不幸そうに感じますが、その生活ぶりを見てみると、明らかに普通の家庭よりも幸せそうでしたのでビックリしました。

 

 

なぜ幸せなのかという答えについては至ってシンプルで、みんなが家族を大切にして暮らしているからです。

 

 

毎日が大変だから、みんなで掃除などを分担して協力して生活しています。

 

 

また、一番感動したのは、16歳になった娘が通信制の高校に通い、昼間は下水道の清掃業者で働き、お金は全額家に入れているという事でした。

 

 

それまでは父親からの養育費も貰っていたのだそうですが、何の事情があるのかは知りませんが、養育費を貰うのは断り、父親の変わりを自分がするという事で長女がその役を買って出て、養育費分を仕事で稼ぎ始めたという事の様でした。

 

 

娘は母親に感謝の気持ちを面と向かって伝えていましたし、家族を助けたいという気持ちも強く持っているようでした。

 

 

母親もこんな素晴らしい娘はいないという事で、感謝の気持ちを口にして伝えていました。

 

 

 

これは大家族シングルマザーという生活だからこのようになっている訳ですが、こうした大変だけど幸せな生活を目にすると、人間にとって何が一番大切なのかという事を改めて考えさせられてしまいます。

 

 

ここにも、やはり本質はシンプルで泥臭いという事を感じてしまいます。

 

 

一生懸命生きている姿がやはり人間一番イキイキしていて美しいです。

 

 

 

 

まとめ

 

友達でも家族でも仕事場でも、どのようなシーンにおいても、綺麗事やシンプルで泥臭い事・青臭い事というものは、大切なものだったりします。

 

 

振り返ると、あの頃は未熟だったな、恥ずかしいなと思ってしまう事も沢山あるかもしれませんが、賢い大人になってしまった事で、無くしてしまったものも沢山あるはずです。

 

 

そして、よくよく考えてみたら、こうしたものが実は最も大切なものだという事に気づく事もあると思います。

 

 

情熱はやはり何歳になっても大切です。

 

青臭いなどと軽くバカには出来ません。

 

情熱を完全に無くしてしまった抜け殻の様な人間は、全く幸せそうには見えませんし、はつらつとした人間らしさも感じられません。

 

 

子供の時はみんな持っていたものですが、どこかで落として来てしまったのかなという感じです。

 

 

 

 

 

16歳で働くという事に関しても、この場合家族が生きていく為に必要だからやっている事ですが、このように世の為人の為に頑張るという事は、周りを幸せにしますし、自分も幸せになれるのだと思います。

 

 

結局の所、物事の本質はそこなのだと思います。

 

 

 

これを大切にしなければ、人にも優しく出来ませんし、良い関係も生まれません。

 

 

 

綺麗事や青臭い事をするのは、ちょっと恥ずかしくて勇気がいるかもしれませんが、それで誰かを幸せにする事が出来たり、人を笑顔にする事ができるのであれば、面倒でも思い切ってやるようにした方が絶対に良い方向へ進むと思います。

 

 

逆は無責任で独りよがりですから、このことがどれだけ大切な事なのかがわかると思います。

 

 

 

何歳になっても人間あまり大きな違いはありません。

 

 

素晴らしい考えを持っている素直な子供も沢山いますし、どこまでもひねくれた素直でない大人も沢山います。

 

 

 

年齢にとらわれる事なく、青臭くたって人が喜ぶ事を大切にして生きて行く様にした方が、幸せを感じる事が出来るのかなと思います。