孤独はネガティブ思考を生む、明るく生きたいなら人と付き合う事!

孤独はネガティブ思考を生む、明るく生きたいなら人と付き合う事!

私の人生を振り返って感じた事ですが、人間孤独でいると、知らず知らずの内にネガティブ思考に走ってしまう様です。

 

これは、色んな書籍を読んでも同様の事が書かれていますから、私だけでは無く、人間に共通しているものなのだと思います。

 

 

ネガティブ思考でも別に悪いわけではありません。

 

 

人は、ネガティブになる事で、突然やって来た不幸やミスなどにも備える事が出来ますから、心配する事は人間にとって必要なものだとも考える事が出来ます。

 

 

しかし、孤独が生み出す慢性ネガティブ思考状態に陥ってしまうと、無意識のレベルでマイナス思考になってしまいますから、接する人を巻き込んでしまう様になります。

 

 

思考が偏り、自分だけの狭い世界での考え方が全てになりますから、他者の意見を受け入れられなくなり、自分の意見を聞き入れてくれる人を仲間と感じ、反発する人を敵だと思ってしまう様になります。

 

 

暗い音楽を好んで聴いたり、パートナーにも暗い性格の方を選ぶ傾向があったりなど、こうした状況を考えると、もはやちょっとした病気なのではないかなとも感じます。

 

 

 

そうやってネガティブにどっぷり浸かっていると、ネガティブ情報ばかりに目を通す様になります。

 

 

ですから、自然と人の不幸に対する記事などにも目を通す様になります。

 

 

そういったものが日常の習慣となり、果てしない闇に落ちていってしまう事になります。

 

 

 

 

 

私がこうした状態に陥ってしまったのは、都会での孤独な生活・叶いそうも無い夢を追い続ける虚しさ・自分の無力さを感じた時・現実に向き合わなければならなくなった時・原発事故などの人の力ではどうしようも無い災害を目撃した時など、こういった事が原因としてあるように感じます。

 

 

 

そしていつも深く深く悩んでいました。

 

 

 

 

私はその後、田舎に帰省して、自分の仕事を持って、学生の頃の様に再び友達たちと交友を持つ様になり、恋人探しもはじめ、落ち着いた生活を手に入れる事が出来ました。

 

 

 

現在は、例えて言うのなら、子供の頃のような生活環境にあります。

 

気ままに働いて、時々スポーツをして、自由に趣味に取り組んで、家庭菜園などで自然に触れて、友達とも週に何度か顔を合わせて、飲みに行って笑って、異性ともデートしてという様な生活です。

 

 

こういう生活環境に身を置いて思うのは、ただただ幸せだという事です。

 

 

勿論、将来は結婚もしたいですし、子供も欲しいと考えています。

 

今の状態は充実していますから、この状態をキープして、家庭を持てたらもう何も言うことは無いなという感じです。

 

 

幸福論の書籍にも書いてありましたが、こういう穏やかな状態が、本当の幸せなんだと思います。

 

 

 

 

そして、こういう生活をしていると、自然とネガティブな思考からは開放されて行きます。

 

 

 

以前はマメにチェックしていた、原発事故関連の情報や、陰謀論・地震情報・その他諸々のネガティブ情報など…

 

そうしたものからようやく離れる事が出来ました。

 

 

 

勿論、完全に離れる事が良いとも思いませんが、しかし、自分の力ではどうしようも無い懸念事項についてあれこれ悩むのは自分の時間を大切にしていないのと同じ事になります。

 

 

国が明日滅ぶかもしれない、明後日かもしれない、来年かもしれないと心配し続けた所で、そうした大きい流れは自分は勿論、誰にもどうする事も出来ませんから、そんなものは思い切って手放した方が健全でいられます。

 

 

 

明日隕石が降って来て地球が消滅してしまうという時に、それを早めに知ってビクビク怯えて過ごしても、その情報を知らずに最後まで普通に楽しく過ごしても、正直どちらでも消滅してしまうのは同じ事ですし、寧ろ同じなら最後まで楽しく過ごせた方が幸福度は高いのかなとも思います。

 

以前はどうせ結果が同じならいち早く知りたいと考えていましたが、今ではそうは思いません。

 

こうした思考も、生活が豊かになって来たから思う事なのかもしれません。

 

 

 

人は寿命や事故・病気などで必ず死んでしまうのは同じなのですから、それなら、毎日を一生懸命楽しく生きた方が絶対に幸せで良い人生となるということは間違いないです。

 

 

若くして命を落としても、その人が必ずしも不幸だとは限りません。

 

 

その人の人生が物凄く楽しいものであったのなら、その人は幸せな人生を送る事が出来たという事になります。

 

 

 

ネガティブ情報に振り回されて毎日を過ごすのはとても不幸な事です。

 

 

ですから、とてもじゃないけど自分の手の届かない所にある問題に頭を悩ませたりはせずに、明日死んでも幸せだったと言える様に生きた方が良いと思います。

 

 

 

 

おわりに

 

最近は毎日楽しく過ごす事が出来ていますが、ふと気がついたら昔から日々見ていたネガティブ情報などを見なくなっている自分に気がつきました。

 

 

そういう情報を見る事には全く何の価値も無いし、自分にはそんな事をやっている暇は無いと考える様になりました。

 

 

そんな時間があるなら、仕事をした方が良いですし、気になる本を読んだ方が良いですし、クラッシックギターを弾いた方が楽しいですし、サッカーの試合に向けてのトレーニングでもした方が良いですし、恋人候補の女性とLINEでもした方が有意義ですし、畑にでも行って土をいじっていたほうが健全ですし、アニメでもみた方が楽しいです。

 

 

やりたい事は沢山あって、暇な時間など全くありません。

 

やるべき事は幾らでも見つかります。

 

 

自分の貴重な時間をネガティブ思考に支配されている場合じゃありません。

 

 

もっと自分の将来の為に役立つ有益な何かに時間を使った方が幸福度は上がります。

 

充実した日々の積み重ねで将来大きく成長する事ができると思います。

 

 

 

 

こうした流れを見て私なりに出した答えは、孤独×、仲間の笑顔○という事です。

 

 

 

一人で暗い顔をしているともうそれだけでどんより不幸ですが、大好きな仲間や恋人と笑顔で過ごしているとそれだけで幸せですし、嫌な事も忘れられる位楽しいです。

 

 

この幸福な時間がどれだけ作れるかが幸せの鍵だと思います。

 

 

 

幸福を感じる瞬間が増えれば、欲しいものはどんどん手に入る様になり、悪いものはどんどん離れて行きます。

 

自然とそうなります。

 

 

フットサルしたいなと考えていると、友達がチームを紹介してくれます。

 

 

ゴルフ始めたいなと思うと友達が教えてくれます。

 

何とクラブセットもただで貰う事が出来ました。

 

 

バスケ・合コンなど他にも色々とありますが、沢山の友人を得る事で手に入れられるものは無限大だと感じています。

 

良い関係を構築する事が出来れば、本当にとんでもなくありがたい話が舞い込んでくるようになります。

 

 

何をするにも友達が全くいなければ高いお金を払ってスクールなどに入らなければならなくなります。

 

そこに入っても孤立していては何も面白くありません。

 

 

仲の良い友がいて、一緒に高め合って笑い合えるから、スポーツや趣味は面白いです。

 

今が一番楽しいと思える様になり、そこから一生の付き合いが生まれます。

 

 

そんな関係は財産です。

 

宝です。

 

 

友を一度失い、手に入れ、また失い、また手に入れてやっとその価値の大きさに気が付く事が出来ました。

 

人を大切にすると絶対に何か楽しい事が起こります。

 

 

何が起こるか全くわかりませんからこんなに刺激的で面白いものは他にはありません。

 

だから飽きる事もありません。

 

 

 

ネガティブにとり憑かれているという方は、是非参考にしてみてくださいね。