人が大人になる為には一体何をどうすれば良いのかという疑問!

Pickup!


自給自足も夢じゃない?趣味にも最適なキス釣りはかなりおすすめ! 


毎日スッキリ!便秘を解消・体質改善させる方法!7つのヒント! 


誰でも今すぐ野菜作りが始められる!市民農園のすすめ!


音楽理論がわからない人が直感で曲を作るのにオススメなグルーブボックス! 


センスが悪い人でもインテリア作りで失敗しない方法!


ずっと彼女がいない人におすすめな本→ずっと彼女がいないあなたへ

人が大人になる為には一体何をどうすれば良いのかという疑問!

大人という言葉の定義は人によって様々だと思います。

 

二十歳を越えたり、成人式を終えれば一般的には大人という認識をされる様になるのかなとも思います。

 

 

年齢で考えるとそういう事になりますが、二十歳を越えて社会に出て自立をしたからといって、自分はまだまだ一人前の大人では無いという風に感じてしまう事は沢山あると思います。

 

 

 

私自身、最近大人って何だろう、大人になるにはどうすればいいのだろうと考える機会があったのですが、真の大人になるには、やはり人の親にならねばならないのかなという風に感じています。

 

 

 

 

周りを見ていて思うのですが、30代ともなると、未婚者と既婚者ではかなり大きな差が出て来るという事を痛感するようになります。

 

30代後半ともなると、早い人では子供が3人いる場合もありますし、もう既に高校生になっている場合もあります。

 

 

子供を持てば、子供は年々成長して行きますから、成長に合わせて様々な問題も出て来ますし、そういうものを乗り越えて行く事で人間的成長も得られると思います。

 

 

 

自分が人の親になるわけですから、そういう体験を通して、親も自分の事を苦労して育ててくれたんだという事が自然に理解出来る様になり、独身の頃よりか更に親に感謝の気持ちを持つことが出来る様になると思います。

 

そして、親も元は一人の人間であったという事を知り、完璧な人間では無いという事に気が付く様になります。

 

 

 

 

また、子供を持つには、その前に伴侶が必要ですが、人生のパートナーを得るのもなかなか大変な事です。

 

 

恋活して、気の合う異性を見つけて、デートを重ねて、時には喧嘩をしたり、ぶつかったり仲直りという事を繰り返して行き、お互いに角を丸くして行く事で徐々にお互いにとって無くてはならない存在へと変わって行きます。

 

 

将来結婚をして良い家庭を築きたいのであれば、この過程を省く事は出来ませんから、結婚をして家庭を持とうと決めた時点で、パートナーと上手く付き合って行けるだけの人格を作りあげる努力が必要になります。

 

 

 

結婚して子供を作り育てて行くのであれば、家と子供を食べさせて行くだけの稼ぎが必要になります。

 

ですから、人並み程度かそれ以上の収入が必要ですし、それを維持して行く覚悟も必要です。

 

 

 

そもそも人がなぜ頑張るのかという理由は、将来幸福を手に入れる為ですから、そう考えると伴侶を得て家庭を持つというのはとても自然な流れだと思います。

 

 

そう考えると、人が真の大人になる為には人の親になるという事は欠かせないと感じます。

 

 

 

ずっと独身でいると、いつまで経っても自分は親の立場にはなりませんから、親目線の気持ちがわからず、子供目線の考え方しか出来ません。

 

 

例えば親の躾の事を考えた時には、「自分は子供の頃貧乏だったからろくな教育を受けられなかった!欲しいものも買って貰えなかった!うちの親はダメな親だ!」と両親を恨んでしまう事もあるかもしれませんが、もし自分が結婚して子供が出来た場合、自分は子供に文句一つ言わせない立派な親になれるのかという風に親の立場から考える様にすると、それはとても難しい事だと気が付くと思います。

 

 

確かに家庭環境によって人生は大きく左右され、進路が決まってしまう事もありますが、ですが社会に出てからは自己責任で自分で道を切り開いて行かねばなりません。

 

死に物狂いで頑張って、30歳で自力で大学受験をするという方もいる位ですから、人生はいくらでも自分の力で変える事が可能です。

 

躾がなってないならビジネスマナー講座でも受講して、徹底して大人のマナーを身につければ、いくらでもダメな自分を矯正することが出来ます。

 

 

ですから、今の自分がダメなのは家庭環境のせいだ・親の躾のせいだなどの愚痴はいつまでも言うべきではありません。

 

そういう事をいうのは二十歳までにしておきましょう。

 

 

 

それよりも、自分のやり方で自分も人の親になれる努力を一生懸命にする方が、より健全な生き方と言えると思いますし、将来の幸せに向かって進んでいるといえると思います。

 

 

 

 

伴侶を持てば人と生きる事の素晴らしさ・大変さがわかります。

 

家庭を持てば、親になる事の素晴らしさ・大変さがわかると思います。

 

 

どちらも人が大人になる上では欠かせないものだと感じます。

 

 

 

 

おわりに

 

最近は生涯未婚の男女が増えている時代だと言われています。

 

人の生き方は自由だと思いますが、中年以降で独身のままでいると、周囲の同年代の友達とも会話の内容が合わなくなって来ますし、その時に自分は全く人間的に成長出来ていないのだなと嫌でも気づく事になります。

 

 

独身者・既婚者を見比べた時には、どんなに苦労が多く愚痴の多い既婚者であれ、独身者よりかは生活が充実しています。

 

家には自分の帰りを待つ伴侶や子供がいるのですから、それが頑張る理由・生きる理由となり、自然と強くなれます。

 

 

 

家を建て、元気な子供がいて夫婦水入らず。

 

深く考えなければ気にも止まらない当たり前の光景ですが、いざ自分が中年となり取り残されてしまうと、その光景は幸せを絵に書いた様な光景とは正にこの事なのだなという事に気が付く様になります。

 

 

既婚者側にいればまた違う悩みや苦労があると思いますが、何よりもいい歳して一人でいるというのは何とも孤独で寂しいものです。

 

 

自分が家族を作らなければ、いずれ両親は先に死んでしまう訳ですから、人生終盤にしてこれ以上ない絶望感を味わう事になってしまいます。

 

独身者の一生の幸福度をグラフに表すと、子供の頃がピークで年々幸福度が右肩下がりになって行くと思います。

 

 

家族を持てば、子供の成長が楽しみですし、その子供もまた子供を作り新たな楽しみが生まれるかもしれません。

 

ですから、幸福度は上がって行く事になると思います。

 

 

また、こうした事を考えると自分の親の気持ちも見えて来ると思います。

 

 

 

 

なるだけこういうサイクルの中に入る様にした方が、普通に生きる事が出来ますし、幸せにも近づく事が出来ると思います。

 

成熟した大人にもなれると思います。

 

 

 

独身者で、恋愛する事を諦めている人は、どこかいつも楽しそうではありませんし、いずれ生きた屍のようになってしまうと思います。

 

幸せそうな人は周りに沢山いるのに、自分はこの世にたった一人だという何とも言えない孤独感を味わう事になります。

 

 

ちょっとスーパーに買い物に行く度にそう思う様になります。

 

 

 

背負うものが何もなければ気楽で良いですが、楽すぎるやりがいが無い仕事はつまらない様に、張り合いがなさすぎるとやる気も出ませんし気力も湧いて来ません。

 

人が健全に生きるには、適度な張り合いやストレスは必要ですから、バランス良く生きられるように上手く調整して行くようにしましょう。

 

ユーブライドならきっと見つかる。理想のお相手。

 
  

関連ページ

人に一瞬で好かれる人間の特徴を分析…なぜ直ぐに人と打ち解けられるのか
人の輪の中にいてこそ対人スキルが向上する原理・理由を考える!
大事な事はいつもシンプルで泥臭い!本当に大切な事を忘れてはいけない!
もしも二十歳の自分にアドバイス出来るとしたら何て言う?を考える!
知らない事を知るという事の凄さ・パワーについて考える
世界は広い!どれだけ世界を広げられるかは全て自分次第!
持つべきものは友!良き人間関係関係を築く事でもたらされるものとは?
やりたい事は後回しにしないで全部やる!抑制ストッパーはない方が人生輝く!
人は何の為に生きているのか?自分が生きている意味とは一体なんなのか?
孤独はネガティブ思考を生む、明るく生きたいなら人と付き合う事!
物事を極めたいなら情熱力を上手く使おう!
未熟者は勉強あるのみ!わからない事は調べれば自ずと道は開ける!
先の事を考えすぎるのは危険!人がウンザリしてしまう原因を考える!
飽きずに長く使い続けられるものはシンプルで洗練されたもの!
人から優しくされる事で自分も誰かに優しく出来るという好循環の仕組み!
やる気が出ない時は寿命を意識するのがおすすめな理由とは?