やる気が出ない時は寿命を意識するのがおすすめな理由とは?

Pickup!


自給自足も夢じゃない?趣味にも最適なキス釣りはかなりおすすめ! 


毎日スッキリ!便秘を解消・体質改善させる方法!7つのヒント! 


誰でも今すぐ野菜作りが始められる!市民農園のすすめ!


音楽理論がわからない人が直感で曲を作るのにオススメなグルーブボックス! 


センスが悪い人でもインテリア作りで失敗しない方法!


ずっと彼女がいない人におすすめな本→ずっと彼女がいないあなたへ

やる気が出ない時は寿命を意識するのがおすすめな理由とは?

なんだか気分が憂鬱でやる気が出ないというのは人間誰しもあることだと思います。

 

やる気が出ない時にだらけられる環境があると、とことんまで落ちって行ってしまい気が付くとあとで大変なことになってしまいますから、そんなことにならない様にモチベーションは上手くコントロールして行くようにした方が良いです。

 

 

落ちるのは簡単でも這い上がってくるのは何倍も大変です。

 

手を抜けば抜いた分だけ、必ず何かを失い、再び取り戻すのに大変な時間を要しますから、そのことを理解してなるだけ大切なものを失わない様にしておきましょう。

 

 

 

寿命を意識するとはどういう事?

 

寿命を意識するとは一体どうやれば良いのかというと、手っ取り早い方法は自分があとどれだけ生きていられるのかを計算してみることです。

 

大体人の寿命は80年と言われていますから、(正確には女性85歳・男性80歳です)今の年齢をこの数字から引いてみれば具体的に自分の寿命が算出されます。

 

 

例えば今35歳なのであれば80ー35で=残り45年です。

 

45年を日数にすると、365日×45年で=残り16425日ということになります。

 

 

これが自分の残り寿命の具体的な日数です。

 

 

この数字をたったこれだけしかないの?と思うかまだこんなにあるのかと思うのかは人それぞれだと思いますが、日数にしてみると命には限りがあるということが強く意識出来るのではないでしょうか。

 

 

 

そもそも人の一生は80年で、日数にすると29200日しかありません。

 

 

そう考えると意外と少ないなという気もします。

 

 

18〜22年間は学生ですから、それまでは穏やかに時間が過ぎて行くと思います。

 

 

社会に出てからは完全に自分の望む通りに生きることが出来る様になりますから、ここからがスタートのようなものでもあります。

 

 

また、最近は感覚も変わって来ていますが、60歳にもなれば定年間近という感じで、残りの余生をどう過ごすか考えはじめることになると思います。

 

サラリーマンであれば、退職後の人生が第二の人生の様な感じにもなると思います。

 

 

ですから、やりたいことは退職後にやればいいやと考えるかもしれませんが、60代・70代となるともう30代・40代の様な体力はなく、元気に動き回ることは出来ず、出来る事も限られてきますので、そうした事も考えておかなければなりません。

 

 

 

最近は病気などで早くして亡くなる方も増えていますから、必ず80歳まで生きられるという保証もありません。

 

60歳を越えたらいつ命を落とすかわからないという位に考えておくのがちょうど良いのかなという気もします。

 

 

こういう風に考えると、やりたいことが出来る時間はそんなに残されていないということが分かると思います。

 

 

現在35歳だとしたら、60歳まで25年ですから残り9125日しかありません。

 

1万代を切るといよいよ自分の寿命もリアルに実感出来る様になって来るのではないでしょうか。

 

 

 

大人になると体感時間は子供の頃に比べると何倍も早く感じる様になります。

 

一説によると、二十歳までの体感時間とそれ以降の寿命を迎えるまでの体感時間は等しいとも言われています。

 

 

ですから、9125日などあっという間です。

 

人生の四分の一のとても貴重な時期ですから、大切にした方が良いと思います。

 

 

 

おわりに

 

何げに日々を過ごしていると、1日の価値を忘れてしまいがちですし、時間は無限にあるものだとも勘違いしてしまいがちです。

 

しかし実際にはそうではなく、日々一歩一歩、確実に死に向かって歩み続けています。

 

 

この流れは絶対に止めることは出来ませんし、寧ろ早くなって行くばかりですから、ぼーっと過ごさず有意義な時間を過ごせる様にして行かなければなりません。

 

 

 

人間は楽な方に流されてしまいやすいですから、何もしなくても良いなら何もしないという方向に進んでしまいやすいですが、そうやって生きているとあとに残るものが何もありません。

 

例えばキャリア築いたり、結婚だったり・子供を作ることだったり貯金だったり趣味だったりと色々ありますが、やるべき時にやるべきことをやっておかないと、後で取り返しのつかないことになってしまいますから、そんな最悪な事態にならない様に1日を大切にしてしっかり生きる様にしましょう。

 

 

 

寿命を迎える方に、自分の人生を振り返ってどうだったかを尋ねてみると、多くの方が「もっとチャレンジしておくべきだった」ということを口にするようです。

 

 

人生の流れは、未熟な子供から立派な大人になり、老化して衰えて行くという山のような流れを辿ることになります。

 

 

そして、自分が山にいる内にどう生きたかでその人の人生は大きく変わります。

 

山の頂上にいる今しか出来ないことは沢山あると思いますので、あとで後悔しないようにしっかりと今を生きる様にしましょう。

 

 

 

いまいちやる気が出ないという人は、スマホに残り寿命をメモしておいて、毎朝数字をカウントダウンさせる方法がおすすめです。

 

時間は有限ということを意識すれば、出来ないことにも挑戦する気持ちが芽生えて来ますし、思い切った行動も出来る様になると思います。

 

 

人生は一度きりなのですから、なるだけ自分のやりたいことをやるようにした方が良いです。

 

 

やる気が出ないとだらけている暇はありません。

 

頑張れる時に頑張らなければ必ず後悔することになります。

 

 

今重要なことを率先してやる様にして行けば、願う人生を手に入れることが出来ると思いますので、積極的に前向きにチャレンジして行くようにしましょう。

 

 

 
  

関連ページ

人に一瞬で好かれる人間の特徴を分析…なぜ直ぐに人と打ち解けられるのか
人の輪の中にいてこそ対人スキルが向上する原理・理由を考える!
大事な事はいつもシンプルで泥臭い!本当に大切な事を忘れてはいけない!
もしも二十歳の自分にアドバイス出来るとしたら何て言う?を考える!
知らない事を知るという事の凄さ・パワーについて考える
世界は広い!どれだけ世界を広げられるかは全て自分次第!
持つべきものは友!良き人間関係関係を築く事でもたらされるものとは?
やりたい事は後回しにしないで全部やる!抑制ストッパーはない方が人生輝く!
人は何の為に生きているのか?自分が生きている意味とは一体なんなのか?
孤独はネガティブ思考を生む、明るく生きたいなら人と付き合う事!
物事を極めたいなら情熱力を上手く使おう!
未熟者は勉強あるのみ!わからない事は調べれば自ずと道は開ける!
先の事を考えすぎるのは危険!人がウンザリしてしまう原因を考える!
飽きずに長く使い続けられるものはシンプルで洗練されたもの!
人が大人になる為には一体何をどうすれば良いのかという疑問!
人から優しくされる事で自分も誰かに優しく出来るという好循環の仕組み!