痔が痛くて排便が怖い…そんな時に痛みを緩和させる画期的な方法とは?

Pickup!


自給自足も夢じゃない?趣味にも最適なキス釣りはかなりおすすめ! 


毎日スッキリ!便秘を解消・体質改善させる方法!7つのヒント! 


誰でも今すぐ野菜作りが始められる!市民農園のすすめ!


音楽理論がわからない人が直感で曲を作るのにオススメなグルーブボックス! 


センスが悪い人でもインテリア作りで失敗しない方法!


ずっと彼女がいない人におすすめな本→ずっと彼女がいないあなたへ

痔が痛くて排便が怖い…そんな時に痛みを緩和させる画期的な方法とは?

 

以前何かのニュースで見かけましたが、日本人の三分の二は程度の差はあれ痔を持っているらしいです。

 

一言で痔と言っても様々で、排便時に出血を伴う切れ痔型や、出来物が出来ているタイプ、排便時に飛び出すタイプなど症状は様々ですが、重症化してきたら手術や治療が必要になる様です。

 

これだけ痔主が多い訳ですから、肛門とはそういうものなのだと思っていたほうが良いのかもしれません。

 

 

私はちなみにずっと前から切れ痔気味です。

 

元々便秘気味なのですが、便秘になると便が固くなりますし、そうなると排便時に痛みを伴いますので、排便をする回数も減ってしまい便秘になって最後に下痢でドバーと出すという悪循環を繰り返していました。

 

うんこを我慢してしまうと大腸がんなどの危険性もあるとも言われていますから、出来れば毎日出すようにした方が良いです。

 

理想は1日1回は便座に座り、3〜5分程度時間を取って出すようにするのが良い様です。

 

 

近年は便秘の方も多いと思いますが、日々仕事で忙しくゆっくり便座に座る時間も無いという事も原因の一つではないかなと思います。

 

また、水分を適度に取る事も重要ですし、食べ物を良く噛む事も便を固くしない対策としては有効です。

 

 

そうやって便が柔らかくなれば排便時に肛門にかかる負担も抑える事が出来ますので、排便に伴う苦痛が減り、排便するのも怖くなくなり結果的に便秘が治ります。

 

 

便秘が治ればお腹がパンパンになる事もありませんし、最後に下痢でトバーっとまとめて出す必要もなくなります。

 

 

痛くない排便にはコツがあった!

 

恐らく軽度の切れ痔持ち程度の方なら、排便時に痛みを伴わない方法を発見しましたのでシェアしたいと思います。

 

ソースは2chなのですが、排便時に痛みを伴わない方法は、ポンデリングのように便を少しづつ絞って出すようにすれば肛門の痛みを最小限に抑える事が可能になります。

 

 

はじめはふざけてるなーと思って読んでいたのですが、試してみたら本当に全く痛くありませんでした。

 

しかも血が出なくなったので、もしかしたら私は切れ痔持ちというよりもただ排便方法が悪かっただけなのでは?という結論に至っています。

 

 

私の以前の排便方法は、痛いのが嫌なので早く終わらせたいなと思い、まとめて一気に出していました。

 

下にかかる力を最大限に掛けて押し出すという方法です。

 

このように排便すると、肛門がMAX広がった時に「アッ!」と切れる瞬間がわかりますし、地獄の通過点という感じでした。

 

これが嫌なので排便をまとめてするようにしていました。

 

こういう出し方が一番良いのかと思っていましたが、そうでは無いという事を学びました。

 

 

正しい排便方法とは?

 

正しい肛門を傷付けない排便方法は、上から下に出す力と、肛門を締め付ける力と両方を駆使して便を細かく小さくして出して行く方法です。

 

イメージで言うと正にポ○デリングなのだと思います。

 

このように排便すると、そもそも肛門が広がり過ぎて切れる事はなくなりますので、切れ痔主の方は是非試してみると良いと思います。

 

 

まとめ

 

そういえば、像などの草食動物がうんこをボトッと落とすのを見た事がありますが、うんこはぶつ切りになっているので肛門で切って出しているんじゃないかなと思うようになりました。

 

 

排便の仕方って誰に教わるものでもありませんので、わかりませんでしたが、多分この2点圧縮方が正しい排便方法なのではないかなと今では考えています。

 

なにせ肛門が切れなければお尻も痛くありませんし排便も怖くなくなりますので、ちょっと出して行こうかと気楽にトイレに入る事が出来るようになります。

 

こうやって気持ちに余裕が生まれると、便秘の解消にもつながりますし、それ以上痔が悪化する事もなくなると思いますので、良いことだらけだと思います。

 

ダイエットしている方にとっても重要な事だと思います。

 

 

痔は、例え手術してもまた再発する方も多い病気です。

 

 

恐らくこのポ○デリング式排便方法のように、根本原因を見直さなければいつまでたっても肛門を傷つけてしまいますので解決しないと思います。

 

 

手術した方は壮絶な思いをしている様です。

 

診察は恥ずかしいですし、手術後の排便は地獄だと言います。

 

 

そのようになりたくないのであれば、排便方法からみなおしてみてはいかがでしょうか。