集中力を高める40の方法!

Pickup!


自給自足も夢じゃない?趣味にも最適なキス釣りはかなりおすすめ! 


毎日スッキリ!便秘を解消・体質改善させる方法!7つのヒント! 


誰でも今すぐ野菜作りが始められる!市民農園のすすめ!


音楽理論がわからない人が直感で曲を作るのにオススメなグルーブボックス! 


センスが悪い人でもインテリア作りで失敗しない方法!


ずっと彼女がいない人におすすめな本→ずっと彼女がいないあなたへ

集中力を高める40の方法!

 

集中力は、仕事や勉強・スポーツ・趣味と、あらゆるシーンにおいて求められます。

 

特に、目標が高ければ高いほど、質の高い集中力が必要になります。

 

 

集中力を高める方法というものは、時間術について書かれたビジネス書籍等でも良く取り上げられていて、何かの分野で成功するには欠かせないものだと言われています。

 

 

集中力を高める事によって、自分持っている能力を最大限に引き出し、最高のパフォーマンスを発揮出来るようになったら、人生においての限られた時間もより有意義に使う事が出来るようになると思います。

 

ここでは、そんな集中力を高める方法について紹介していきたいと思います。

 

 

集中力を高める40の方法!

 

環境

 

  • 情報をシャットアウト

    テレビ・ニュース・新聞・ラジオ・音楽・パソコンなど自分を誘惑する情報は全て遮断します。
    気が散るものが何も無ければ自然と目の前のものに向き合えるようになります。

  •  

  • 机の上を整理

    目の前に気になるものがあったら集中のさまたげになります。
    作業に必要の無いものは、邪魔なものと考え、どこかにしまうか整理するようにしましょう。

  •  

  • 携帯・スマホの電源は切る

    集中する間は邪魔が入らないように徹底します。
    ある国の大統領は、「国の一大事以外私の昼寝を誰も邪魔するな」、と指示を出していたそうですが、出来る人程、休憩も集中して休む事が必要と考えていたりするものです。

     

    自分の時間を大切にする事も大切な事だと思います。

  •  

     

  • 部屋の整理整頓をする

    スッキリとした部屋は思考もスッキリしますので、集中力も高まります。
    余計なものは捨てるか見えない所に片付けましょう。

  •  

  • やる気の出る標語のようなものをおいておく

    目標などを書いて貼っておくのも良いです。嫌になった時などに見るようにします。

     

    目標は〜したいという希望型ではなく、〜になっているという達成形で具体的に書いた方が効果的だという事も引き寄せの法則では言われています。

  •  

  • 部屋に青いものをおいておく

    時間を短く感じさせる効果があります。

  •  

  • 室温を整える

    寒い・暑いなどはストレスになります、部屋の温度は快適な温度にしておきましょう。

  •  

  • 場所を変える

    なかなか取りかかれない時に効果的

 

 

準備

 

  • やるべき事を優先順位をつけて順序立てて取り組むようにする。

    優先順位を決める事で、やらなければいけない事、どうでもいい事がハッキリします。

     

    そしたら、どこに本気で集中するのかがわかり取り組みやすくなります。
    人間どうでもいい事程やりたくなってしまうものなので、優先順位の高い嫌なことから先にやる方が効率が良いです。

  •  

  • きちんと段取りする

    人間、出来ない事にはやる気が湧いてこないが、出来る範囲に持ち込む事でちょうど良い集中力が発揮されるようになっているものです。

     

    かなわない敵が相手なら、それに勝てるであろうレベルまで自分を高めるようきちんとプラン建てて行く事で、集中力を持続させる事が出来るようになります。
    ロールプレイングゲームなどが良い見本です。勉強なども同じです。

  •  

  • 必要なものは全部揃える

    使うものはあらかじめ揃えておく事で集中力が途切れる事を防ぎます

 

マインド

 

  • 自分を信じる

    自分なら出来ると心底思い込む事で集中力は持続可能になります。

  •  

  • 失敗を恐れない

    失敗しても気にせず何度も挑戦する気持ちがあれば集中力は途切れません。

  •  

  • やらなければいけない事を好きになれるようにする

    好きな事には人間驚くべき集中力を発揮出来ます。

  •  

  • 心を奪われないようにする

    疲れた、寒い・暑い・お腹すいた・めんどくさい・うるさいなど雑念に心奪われないように気をつけるようにしましょう。

  •  

  • 集中するという事に囚われない

    集中には逆にリラックスが効果的です。考えすぎずに自然とリラックス出来るようにしてみましょう。

 

 

アクション

 

  • 10分間瞑想する

    頭の中がシーンと静まり返るとスムーズに物事に取り掛かる事が出来ます。

  •  

  • 呼吸を整える

    深呼吸には頭をスッキリさせる効果があります。瞑想にも通じるものがあります。

  •  

  • ストレッチする
  •  

  • 肩の力を抜きリラックスする
  •  

  • 手を合わせる

    手を合わせて拝む事が良くありますが、これは宗教関係なく心が落ち着き集中力が湧いてくる効果があるとされています。

     

    忍者も集中力を高める際にはやっていたとか…

  •  

  • 睡眠をよく取るようにします

    現代は昔に比べ睡眠時間は減っていますので、1時間早めに寝るか、週に1日程度多めに寝るようにすると疲れにくくなります。

     

    ポイントは遅く起きるのでは無く、早めに寝るようにする事です。

  •  

  • 体を動かす

    血液の循環が良くなり、ストレス解消にもなります。
    実は貧乏ゆすりもこの本能から来ているものだと言う事もわかって来ており、悪いものではないという考え方もあるようです。

  •  

  • 深呼吸する

    眠気は脳の酸素不足から来るものなので、酸素を取り入れる事で眠くなるのを防ぐ事が出来ます。
    夏場は扇風機や空気清浄器などで空気を循環させても効果的だと思います。

  •  

  • 姿勢を整える

    背筋・首を伸ばすと血行が促進され疲れもたまりにくくなります。

  •  

  • 顔の筋肉を刺激する

    笑顔などはシナプス・ニューロンの分泌を促し、集中力アップに繋がります。

  •  

  • 散歩をする

    足は第二の心臓と言われています、刺激を与える事で細胞が活性化されます。
    合間に散歩する事は有効です。

  •  

  • 手を動かす

    手に刺激を与えると脳にも効果を与える事が出来ます。
    時々指の体操をしてみましょう。

  •  

  • 五感を活用

    書く・声に出すなど五感を活用すると暗記にも有効です。
    刺激があるので、集中力の持続にも役に立ちます。

  •  

  • 本を音読する

    情報のインプット・アウトプットを同時に行う事で、脳のウォーミングアップになります。

  •  

  • やることを変える

    集中出来ない時は、重要度の高い違う事をするのも効果的。

 

飲食

 

  • 空腹にならないように食事はしっかり取ります

    空腹では集中の妨げになります。

  •  

  • 飲酒してみる

    ※依存症には注意が必要ですが、一時的な緊張には効果があります。
    余計な事は思考しないので集中出来ます。眠くなるという危険性もありますので、短期集中型です。

     

    スピーチの際に、飲酒で緊張が改善され程よく集中出来たという例もあります。

  •  

  • 小休止には濃い緑茶やコーヒーを用意してリラックスするようにします。
  •  

  • グミ・ガムを噛む

    脳に刺激を与える効果があります。顎を動かすだけでもOK

  •  

  • ミネラルを取る

    ミネラルはイライラや神経を安定させる事が出来ます。
    お茶・牛乳・スポーツ飲料・サプリ等で摂取出来ます。

  •  

  • 糖分を取る

    脳の栄養になります

 

 

その他

 

  • 時間を決めて取り組む。

    タイマーが効果的です。時計などは気になるので見える位置には置かない方が良いです。
    50分集中したら10分休憩などキッチリ区切って取り組むとメリハリが付きます。

  •  

  • ネット・ゲーム・テレビや暇つぶしは全部後回しにする。

    後に楽しみを取っておく事でノルマを達成出来るようになります。

 

 

まとめ

 

集中力を高める方法は沢山あると思いますが、やはり基本は目の前の事だけを考える事だと思いますので、それ以外の事が考えられなくなる状況を作り出す事が一番効率アップに繋がると思います。

 

すぐに終わらせる事が出来るけど、ずっと後回しにしていて、気になっている小さい事があるのなら、さっと終わらせてから取り組む方が本来の力を発揮する事が出来ます。

 

 

こうしたものを出来るだけ抱え込まないようにして、サッと高い集中力で取り組み、サッと終わらせる事が出来るスマートな生き方を目指して行きましょう。

 

そしたら、きっと、「いつかやりたい」「時間が出来たらやってみたい」などという口癖も減らして行く事が出来るのではないかなと思います。