ジョギング・ランニング・ウォーキングを効果的に継続させる方法・ヒント5つ!

Pickup!


毎日スッキリ!便秘を解消・体質改善させる方法!7つのヒント! 


誰でも今すぐ野菜作りが始められる!市民農園のすすめ!


音楽理論がわからない人が直感で曲を作るのにオススメなグルーブボックス! 


センスが悪い人でもインテリア作りで失敗しない方法!


ずっと彼女がいない人におすすめな本→ずっと彼女がいないあなたへ


ジョギング・ランニング・ウォーキングを効果的に継続させる方法・ヒント5つ!

健康面に気をつかっている人は日常生活に何らかの運動を取り入れていると思います。

 

その中でも人気が高いのが、ジョギング・ランニング・ウォーキングです。

 

歩くことや走ることは何の道具も必要とせず、いつでもどこでも気楽にはじめることが出来ますから、最も取り組みやすい運動です。

 

 

また、歩いたり走ったりすることで付けた体力や筋力は色んなスポーツに活かすことも出来ますし、体がスムーズに動く様になれば日常生活も楽になります。

 

運動することで体型を維持したり、ベストな体重をキープすることも出来ます。

 

 

このように走る・歩くことによって沢山の恩恵が得られますから、なるべくなら日常生活に取り入れて行く様にした方が良いです。

 

 

人間の健康面を考えた時の1日の理想の総歩行距離は1万歩とも言われていますから、大体それくらいを目安に考えて、足りないと感じたらジョギングやウォーキングでカバーして行く様にすると良いと思います。

 

 

 

 

ジョギングやウォーキングが健康に良いということはわかると思いますが、問題はそれをどうやって継続させて行くかだと思います。

 

取り組みやすいですが、続けられずにすぐに辞めてしまう人が多いというのも現実です。

 

 

1日・2日では全く意味はありませんから、はじめるからには継続させられる方法で取り組んで行くようにしましょう。

 

 

 

ここでは、ジョギング・ウォーキングを効果的に継続させる方法について紹介して行きたいと思いますので、これからはじめるという方は是非参考にしてみてくださいね。

 

 

 

最初はゆっくりしたスピードからはじめる

 

初心者の方は、まずはゆっくりしたスピードからはじめる様にしましょう。

 

目的が何なのかにもよりますが、日頃から運動をしないのであればウォーキングからはじめる様にすると良いと思います。

 

 

 

ダイエットや体型維持の為に走る人は多いですが、速めのジョギングを10分という風にはじめてしまうと、きつくて継続出来ずにすぐに辞めてしまうと思います。

 

体重が重ければ膝にも負担を掛けてしまうことになってしまいますから、まずは負担の少ないウォーキングからはじめる様にしましょう。

 

 

ウォーキングだとダイエット効果は無いんじゃないかと感じてしまうかもしれませんが、30分も歩けば消費カロリーは10分走るよりも高いと言われていますから、そうやって時間を伸ばして取り組む様にすれば効果的に痩せることが出来ます。

 

 

 

また、ダイエット目的ではなく、マラソンやスポーツ目的でジョギングをするという場合もあると思いますが、そういう場合も、最初はゆっくり走りはじめて、慣れてきたら徐々にスピードを上げて行くようにした方が良いです。

 

 

体が慣れていない内は、無理をして無酸素運動をすると、キツくてすぐに嫌になってしまい、結果的に継続出来なくなってしまいますので、そうならない様に、ゆっくり徐々にステップアップして行くようにしましょう。

 

 

運動量を増やしたい場合は、徐々にスピードを上げる・距離を伸ばして行くという風に段階的にレベルアップさせて行くと良いと思います。

 

 

 

A

楽しみを持つ

 

ジョギングやウォーキングを長年続けている人は、何らかの楽しみを持っている方が多いです。

 

例えば、スポーツに必要な体力を付けるなどの目的があれば、何も無い状態よりも走る意欲は湧いてくると思います。

 

走る時には、ランニング用のアップテンポの音楽を大きな音で聴きながら走る様にすれば、気持ちよく走ることも出来ると思います。

 

 

友人や恋人・夫婦で取り組んでいる方も多いです。

 

 

春には桜並木を走ったり、秋には紅葉の綺麗な森を走ったり、海辺や川沿いを走ったりなど、ロケーションの良い場所を走る様にすれば、景色も楽しめますし、走ることも楽くなると思います。

 

走った距離をアプリなどで記録するのも面白いです。

 

 

運動した日にはスイーツなどのご褒美を用意したりなど、何でも良いですので、楽しみを見出す様にすれば飽きずに長く続けられると思いますので、自分なりの楽しみを見つけてみましょう。

 

 

 

未来を想像する

 

走るのは、きつく辛く苦しいことでもありますから、油断するとすぐに自分を甘やかして辞めてしまうと思います。

 

辞めてしまえば楽が出来ますが、それでは自分が望む未来は手に入れることが出来ません。

 

 

歩いたり走ったりしようと思うからには、必ず何らかの目的があると思いますが、くじけそうになった時には、その目的を思い出し、取り組み続けた先にある明るい未来を想像してみると良いと思います。

 

 

 

ジョギングを続けて行けば、何かのスポーツの試合で活躍することも可能になります。

 

ダイエットに成功して、異性からモテモテになることが出来て、理想のパートナーと出会えるかもしれません。

 

 

病気知らずの健康的な体を手に入れることが出来るかもしれません。

 

ご飯も美味しく感じられますし、活発で行動的になり、外に遊びに出かけても疲れにくい体が手に入るかもしれません。

 

継続させることで、自分に自信を持つことも出来るかもしれません。

 

 

頭がスッキリ冴えて仕事の成績も伸ばせるかもしれません。

 

マラソン大会で良い結果を残せるかもしれません。

 

 

などなど、走り続けた先には沢山の明るい未来が待っています。

 

 

 

ジョギングの楽しさは、続けなければわかりません。

 

ずっと続けている人は、続けたことによる恩恵の大きさを理解しているから続けているのだとも思います。

 

 

正しく続ければ必ず良い結果に繋がって行きますので、明るい未来の自分の姿を想像して、そこを目指して継続させて行きましょう。

 

 

 

ウェア・シューズなどの装備を整える

 

形から入るというのは、物事を継続させる上では効果的な方法です。

 

街ではランニング・ジョギング・ウォーキングをしている人を沢山見かけると思いますが、やはりずっと継続している人はちゃんとした格好をしています。

 

 

時々寝巻きで走っているような人も見かけますが、ルームウェアは走りには適しませんから、気合も入りませんし、靴もちゃんとした専用のシューズを履かなければやる気も湧いてこないですし、続かないと思います。

 

色んな競技に適したウェア・シューズ・アイテムがあるように、ジョギングにも適した装備はあります。

 

 

ポーチなどもありますが、走っている時にポケットの中で鍵がジャラジャラ動くのも気になりますし、大きな財布が落ちそうになるのも、スマフォが揺れるのも気になりますので、こうしたものをしまっておくのに便利です。

 

こんな些細なことでもやる気を無くしてしまう原因になってしまいますから、なるだけそうしたものは排除するようにした方が良いです。

 

 

 

気持ちの切り替えというものは思っている以上に大切です。

 

本気で継続させたいなら、見れば体を動かしたくなるようなウェアや、着替えたら走るモードに気持ちが切り替わるような装備を用意して、取り組みやすい環境を作るようにしましょう。

 

 

 

苦しすぎず疲れすぎないように取り組む

 

ジョギング・ランニングを継続させられない一番の原因は、苦しさ・辛さだと思います。

 

全力で走ると息切れして窒息に近い状態になりますから、そんな思いはしたくないとすぐに辞めたくなってしまうと思いますが、これは自然の流れです。

 

 

こういう風にならない様にするには、なるだけ負荷をかけず楽なペースで取り組む様にすることです。

 

楽なペースで走るようにすれば、死ぬほどきつい思いはしなくなりますし、走れる距離も伸びます。

 

 

きつくなくても長い距離を走れば筋肉は強化されますし、体力も向上しますから、次第に短い距離なら早く走ることも出来る様になります。

 

体力には個人差がありますが、少なくても多くても、どちらにしろそこそこ時間を掛けて運動しなければ良い効果は得られませんから、今の自分に無理なく続けられるペースで取り組む様にしましょう。

 

 

 

最近はスロージョギングという歩くのと同じ位のペースで走るという走法も話題になっていますが、それくらいのペースでも距離を伸ばせば体力も筋力もつけることは可能です。

 

ダイエットに最も効果的な有酸素運動はスロージョギングだとも言われています。

 

 

楽なペースだとちょっと物足りないな・こんなんで効果あるのかな?と疑問に思ってしまうかもしれませんが、体を動かせば必ずスタミナは付きます。(もちろん上を目指すなら少しずつ負荷を上げる必要もあります。)

 

 

継続させないのなら、疲れすぎないということも大切ですから、物足りない位の加減で取り組む様にすると無理なく続けて行けると思います。

 

 

 

おわりに

 

ランニング・ウォーキングをする時には、ある程度の時間をかけなければなりませんが、そのかける時間が勿体無い・それなら他のことをやった方が有意義だという風に考えてしまうこともあると思います。

 

 

こうしたことは多くの方が考えることですが、そこは勉強や仕事などと同じで集中して乗り越える以外に方法はありません。

 

集中して取り組むには、やらなければいけない目的・理由などがある方が良いと思います。

 

 

走ることは苦痛だけど、フルマラソンに参加してベストタイムを出すという目標がある為に頑張って長年走り続けているという方も沢山います。

 

 

 

また、走る時には、面倒だなと感じてしまうこともあると思いますが、そうした時は、あれこれ考えず、とりあえず準備して走ってみると良いと思います。

 

気分が乗らなくても、仕事を始めたら、気がついたら没頭してあっと言う間に終業時間になっていたという経験は良くあることだと思いますが、気分に関わらず、とりあえずやればやる気スイッチが入って取り組むことが出来ると思いますので、とりあえずスタートラインに立って走り始めてみましょう。

 

そうやって取り掛かりが早くなれば、習慣にしていけると思います。

 

 

 

マラソンのベテラン選手に話を聞いてみると、マラソンは走りはじめが一番負荷が高く大変だと言います。

 

流れに乗せるまでがキツくて、それ以降は惰性で楽に走って行ける様になるということのようです。

 

 

こうしたものがありますから、走るなら5分や10分では無く、なるべく20分・30分と長い時間走る様にした方が良いそうです。

 

そのほうがお得ですし、効果的に持久力を付けることが出来ます。

 

 

 

自分に合った嫌にならないペースで、コツコツと走り続けて行けば自然と体力が付き、長い距離を早く走れる様になって行くはずです。

 

 

飽きたら時には腕試しに早いペースで走ってみるのも良いと思いますが、くれぐれも嫌になる程無理はしない様にしておきましょう。

 

 

何にしても続けることが第一ですから、続けられる方法を模索して、焦らずじっくり日々取り組んで行くようにしましょう。